hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(10/18)エレナレジーナ、良化着実

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エレナレジー

 

18.10.18

 

美浦トレセン在厩。昨日、ウッドにて追走する形で追い切られています。


「11月4日(日)福島10R きんもくせい特別(2歳500万下・芝1800m)にむけて、今週も馬なりでの調整。だいぶ体調も上がってきており、動きもこの馬本来のものに近づいてきたように思います」(加藤征調教師)


「今夏トレセンにいた頃は、ただガムシャラに走っている感じでしたが、今では鞍上の指示を待てるようになってきましたよね。だいぶ自身のやるべきことが分かってきた感じでしょうか。昨日なども手応えが良く、行こうと思えば楽に行けそうな走り。前走後、コースでやったのは昨日が初めてでしたが、折り合いもまずまずついていましたし、初戦の感じからも中距離くらいまでなら対応できるかもしれません。それでもひとたび行かせるとカーッとなって行ってしまう恐れがありますので、その辺はよく気をつけて、引き続き折り合い重視で進めていきたいですね。デビュー戦は文句なしのレースぶり。上でもやれそうですし、近場なら輸送も大丈夫でしょう」(浅利助手)

 

 

再来週末の福島戦・11月4日(日)福島10R きんもくせい特別(2歳500万下、芝1800m)に向けて美浦で調整中のエレナレジーですが、今週に入っても坂路にウッドにと精力的に乗り込まれ、レースに向けての態勢を整えてきています。

 

先週の時点では陣営からまだ完調手前という感じのコメントが出されてましたが、2週前追いとなる今週の追い切りでの動きは上々で、加藤先生としても「だいぶ体調も上がってきており、動きもこの馬本来のものに近づいてきた」とコンディションの良化を感じ取ってくれているようで、ここからの1週前・当週と追い切れば万全の状態に持っていけるのではないかなと思います。

 

そうなれば次走では3か月ぶりの実戦でも今後に向けてメドの立つ内容が期待できそうですが、評判馬の次走報を見る限り、今年のきんもくせい特別は例年よりも強力なメンバー構成になってきそう。

 

来年のクラシック候補として挙がっている名前がチラホラ見られる中で我らがエレナレジーがどれだけやれるのか、再来週のレースは今後に向けて非常に興味深い一戦になりそうです。