Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(10/11)ブライトメモリー、再び休養へ

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ブライトメモリー

 

18.10.11


美浦トレセン在厩。レース後は運動のみで様子を見ています。


「全体的に軽くコズミがあり、筋肉疲労が見受けられますね。できれば480kgくらいでレースに使ってあげたい馬ですので、このまま続戦はさすがに厳しく、結果にも結び付かないかと。週末にも一旦テンコートレーニングセンターへ放牧に出したいと思います。ここにきて470kgまで体重増を見せてくれたことですし、もう少し成長の余地もありそうですから、この後は牧場において一定期間のさらなる成長と馬体増を辛抱強く待ってあげた上で、仕切り直しができればと考えます。そうすることによって、もっと体重が増えて強めの稽古を課せるようになるかもしれませんし、そうなれば本来の適距離であろう2000m位の競馬にも対応できるようになるなど、また違った一面が見られるかもしれません」(林調教師)

 

 

秋緒戦となった先週のレースで再下位に敗れてしまったブライトメモリーですが、「このまま続戦はさすがに厳しく、結果にも結び付かない」ということで、この後は再び外厩先のテンコーTCに戻ることになるようですね。

 

このタイミングで再度の仕切り直しとなると中央未勝利でのまま4歳シーズンを終える公算が高まり、これが他の一口クラブの馬であれば進退を問われる流れになっても仕方のないところだと思いますが、この辺りの寛容さ(?)は我らが広尾TCの特徴というか何というか。

 

ともかく時間的な猶予は与えてもらえたようですから、この休養期間を経てもう一段階のパワーアップを果たし、次回こそは良いレースを見せてもらいたいと思います。