hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走情報(9/20)クレッシェンドラヴ、捲土重来の鞍

 

 近況の方でもお伝えした通り、明日の中山競馬9レース・9月22日(土)中山9R 九十九里特別(3歳以上1000万下、芝2500m)に我らがクレッシェンドラヴが出走します。

 

 

 前日夜21時現在の前売りオッズは、単勝4.8倍の3番人気。

 

連系のオッズや専門誌の印を見るに、今回のメンバーの中ではドレーク・ヴァントシルム・クレッシェンドラヴ・エストスペリオルの4頭が抜けているという扱いのようですから、実際のレースも1~4番人気での出走になりそうですね。

 

 

 また、枠順は7枠8番となりました。

 

気持ちの面での成長もあってか、最近は枠の内外にそこまで拘らなくなっているような気がしますが、それでも極端に外すぎない外目の枠を引いてきたのには好感。

 

後入れの偶数番でもありますから、ここは理想的な枠番を引けたと言って良いのではないでしょうか。 

 

 

 

さて、出資馬陣営の東のエース、そしてクラブ所属馬全体という括りで見ても関東のエースとして活躍してくれているクレッシェンドラヴが、いよいよ秋シーズンの初戦を迎えます。

 

再昇級戦となった前走でも1番人気に支持されながら9着と苦杯を舐めることになってしまいましたが、既に現級で僅差の2着がある馬だけに、500万上がりの馬が人気上位を占める今回のメンバーの中では格上の存在と言って良いはず。

 

上記のように人気を裏切ることになってしまった函館戦の内容で評価を下げている印象もありますが、前走の大敗は過去に経験の無かった中1週の臨戦過程、そして早仕掛けが重なって生まれた乱ペースに巻き込まれてリズムを崩されたことによるものだと理解していますから、舞台を得意の中山コースに移し、しっかりと間隔を取って体を作って臨む今回のレースは、前走の大敗からしっかりと立ち直り、本来の力を発揮して巻き返してもらいたい一戦。

 

力さえ出せれば勝ち負けになって当然の一鞍だと思いますから、勝手知ったる中山の地で、3戦して(2-1-0-0)と手の合う鞍上と共に、この秋の楽しみが更に増えるような走りをしてもらいたいと思います。