Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(9/20)ブライトメモリー、復帰に向けて美浦帰厩

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ブライトメモリー

 

18.09.18


16日(日)に美浦トレセンに帰厩しています。


地震の影響により、一時的に北海道からの移動が滞りましたからね。これから入厩検疫が混み合うことも予想されますので、少し早めにはなりますが、牧場とよく状態の確認を取り合った上でトレセンに戻すことにしました。まずは様子を見ながら、東京開催での復帰にむけて進めていければと思います」(林調教師)

 

18.09.20

 

美浦トレセン在厩。昨日は南のダートコースで軽め、今朝は坂路にて普通キャンターを1本、明日少し速めをやる予定になっています。


「牧場サイドがうまく目方を増やしてくれましたので、フックラとして状態は良さそう。この流れをこちらでも引き継いでいきたいですね。週2回ペースでバリバリ攻め込むようなタイプではありませんので、馬場状態なども見ながら、慎重に進めていきたいところです。目標レースは10月7日(日)東京8R 500万下(芝2400m)、鞍上は前回頑張ってくれた丸山元気騎手を予定してします」(林調教師)

 

 

 

春の東京競馬で2度使われた後、夏競馬をスキップして福島県のテンコーTCで調整を続けられていたブライトメモリーが、美浦・林徹厩舎に戻ってきました。

 

復帰目標は再来週末の東京戦、10月7日(日)東京8R 3歳以上500万下(芝2400m)

 

輸送への不安から東京開催での復帰を目指していくというのは休養前からのプラン通りですし、近2走と同じような形の競馬をイメージするのであれば開幕週の馬場も合いそうですよね。

 

休養に入る直前のレースでは逃げて4着と長丁場に変わって良い所を見せてくれたブライトメモリーですが、未だに中央未勝利ということもあって常に結果が求められる立場にもなっており、この秋の勝負度合いという意味では、もしかすると出資馬の中でもこの馬が一番なのかもしれません。

 

転厩や移籍の影響もあって状態面の不安が付き纏っていた春シーズンとは違い、夏の調整期間を経てコンディションを立て直して臨む今季は何としても結果を残したいところですから、実りの秋にむけて好発進を決められるよう、再来週のレースではいきなりからでも好戦を期待したいと思います。