Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(9/13) スパーブアゲイン、いよいよ入厩

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

スパーブアゲイン

 

18.09.07

 

シュウジデイファーム在厩。8日(土)の栗東トレセン入厩にむけて、昨日北海道を出発する予定でしたが、震災による交通機関の乱れにより延期となりました。


「先週39秒程度を乗り、今週は輸送に備えて普通キャンターまで。ゲートもちゃんと我慢できるようになり、落ち着いて物事に臨んでくれていましたし、移動の準備は整ったと見ていたのですが…。調教師によれば、『あくまでも今後の状況や様子を見ながらにはなるが、来週以降の入厩に振替できるよう調整中』とのこと。引き続きしっかりとコンディション管理を行っていきます」(石川代表)

 

18.09.13


スケジュールの再調整を図り、11日(火)にシュウジデイファームを出発。本日、栗東トレセンに入厩しています。


「輸送で熱を上げることもなく、無事にこちらへ。明日から跨っていき、まずはゲートから進めていきたいと思います」(岡助手)

 

 

先週の段階では8日中の入厩が示唆されていたスパーブアゲインですが、8日に北海道東部で発生した震災の影響でトレセン入りが一度延期となった後、本日あらためて栗東矢作芳人厩舎に入厩したとのこと。

 

先週の地震は「胆振東部地震」の名が示す通り馬産地を直撃する大災害だっただけに、ひとまずスパーブアゲインを含めた人馬の無事が何よりで、その後も問題なく無事にトレセンに入れたというのは嬉しい便りですね。

 

入厩予定を何度か先送りし、シュウジデイFでじっくりと乗り込まれた上でのトレセン入りとなりましたが、報知POGブログの記事

 

www.hochi.co.jp

 

を見るに、スパーブアゲインと同時にトレセンに入る予定の僚馬は海外GⅠ馬の全妹に桜花賞馬の半弟、更には他クラブで2億円の募集額を付けた外国産馬etcetc…と、まさしく銀河系集団と呼ぶに相応しいラインナップ。

 

この豪華な顔ぶれの中で埋もれてしまわないよう、トレセンレベルでの調整に入っても良い所を見せ続け、しっかりと存在感を示してもらいたいと思います。