hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17/サクラバーベナ'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(8/23)エンジェルリード、今度こそ変わり身を

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エンジェルリード

 

18.08.23

 

8月26日(日)札幌6R 3歳未勝利(芝2600m)に桑村真明騎手にて出走予定。

 

「飼葉を食べており、460kg台。昨日の追い切りでは併せた相手が動く馬でしたので遅れを取りましたが、この中間は前走時よりも余裕のあるローテションでじっくり乗ることができましたし、競馬の疲れも抜けて、頑張れる状態にはなっていると思います。ネックストレッチャーについては特に頭の位置に変わりがないため外し、少なくとも邪魔にはなっていないブリンカーを装着してレースへ。無理に前へ行くのではなく、自然と中団から好位につける形が理想でしょうか。天候次第では馬場もひとつのカギかと。ただ、人気馬が逆に苦労して隙ができるかもしれませんので、道悪がすべてマイナスというわけでもないのかもしれません」(尾関調教師)

 

 

今週の日曜札幌6R・8月26日(日)札幌6R 3歳未勝利(芝2600m)に出走を予定しているエンジェルリードですが、水曜日に札幌の芝コースで追い切りを済ませて態勢を整え、レースへの出走も確定させました。

 

最終追い切りの動きはまずまずといったところで、一時期に比べると確実に動けるようになってはいるもののガラリ一変とまでは行かないだけに、やはり今回は適性や展開、流れなどを味方につけてレースを運ぶ必要があるのかなと。

 

引き続きの洋芝戦に加えて前走比600mの距離延長もプラスになってくれると思いますから、あとは初コンビとなる門別の桑村真明Jの手腕や新兵器(?)のブリンカー等々、近2走からの大小の変化が変身の起爆剤になってくれればと思います。

 

 

2歳夏の福島でデビューしてから今回までで9戦を消化し、同期の出資馬たちの中では頭一つ抜けたキャリアを持っているエンジェルリードですが、中央での勝利に向けてはおそらくこれがラストチャンス。

 

ここはフルゲートで相手も揃う一戦になりましたが、ここまでの経験を活かして何とか結果を出し、生き残りを果たしてもらいたいと思います。