hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走情報(8/18)エレナレジーナ、待望のデビュー戦

 

 

近況の方でもお伝えした通り、今週の土曜札幌5R・8月18日(土)札幌5R メイクデビュー札幌(2歳新馬、芝1500m)に我らがエレナレジーが出走します。

 


前日夜19時現在の前売りオッズは、単勝3.9倍の3番人気。


専門各紙の印も思いのほか(?)厚めについていますし、恐らくはこのまま2〜4番人気あたりでの出走になるのではないでしょうか。

 


 また、枠順は6枠6番となりました。


頭数を考えると気持ち外目となる枠番で、コース形状を考えても少し厄介な所かなあとは思いますが、ゲート入りが最後から2番目というのは決して悪い話ではないはず。


陣営としては「前に馬を置いて運びたい」という意識もあるようですから、まずは発馬をしっかりと決め、ポケットからバックストレッチまでの間に上手く内へと潜り込みたいところです。

 

 

・・・ということで、デビュー戦の枠順も確定となり、同世代の出資馬4頭の中でのデビュー1番乗りはエレナレジーという事になりました。

 

「ゲート合格まで」の初入厩から方針転換しての早期デビューとなりましたが、 美浦入厩時代から調教では軽快に動いてくれていて、陣営サイドとしても仕上がりの良さには手応えを掴んでくれている様子。

 

環境が変わって少し調教の動きが鈍るようなところがあっただけに、初の実戦に戸惑わないかどうかという心配はあるものの、上手く気が入って力を出してくれれば、初戦から面白いところを見せてくれるのではないでしょうか。

 

 ここまでの調教内容や陣営の談話から、溜めて良い脚を使うよりはスピードに任せて強気に運んで良さが出そうなタイプのように見受けられますが、前述のように陣営サイドは「前に馬を置いて運びたい」という意識を持っているようでもありますから、ポジションとしては先団の内目あたりを狙っていく感じになるでしょうか。

 

 

また、陣営の談話では「前進姿勢が強い」という話も出ていましたから、行くにしても控えるにしても道中のリズムを大事にしつつ、上手くエレナレジーナのポテンシャルを引き出してもらえればと思います。

 

 

 

さて、育成段階から美浦近郊での調整、初入厩からゲート合格、そしてデビューに向けての乗り込み…と、ここまで人が羨むほどに順調に来られているエレナレジーが、いよいよデビュー戦の時を迎えます。

 

また、16年産世代の出資馬の初陣ということもそうですが、私個人としてはクラブに入会した時点で現役真っ最中だったフェニーチェの仔がデビュー戦を迎えるということで、時間の流れの早さを感じる今日この頃でもあります。

 

…少し話が逸れましたが、我らがエレナレジーには16年産世代の出資馬のデビュー第1号、そしてクラブの世代1番槍として、ここ数年2歳戦で良い所のなかったクラブに明るい話題を提供してもらいたいところ。

 

ここは内外から注目と期待を集める一戦になりそうですが、まずは着順の良し悪し以上に内容のある競馬、この先の競走生活に向けて何か光るものを感じられるようなレースをしてもらえれば、と思います。