hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走情報(8/11)ディメンシオン、連勝なるか?

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の新潟競馬9レース・8月11日(土)新潟9R 三面川特別(3歳以上1000万下、牝馬限定戦)に我らがディメンシオンが出走します。

 

前日夜23時現在の前売りオッズは、単勝3.0倍の2番人気。

 

既に現級2着の実績があって昇級も形だけですし、前走でのパフォーマンスも評価されているようで、今回も上位人気に支持されることは間違いなさそうです。

 

 

また、枠順は5枠6番となりました。

 

内すぎず外すぎずの偶数枠というのは理想的と言っていい枠番だと思いますから、五分のスタートから(発馬が良すぎると逆に苦労しそうな…)内外の各馬の出方を見ながら馬群に切れ込み、上手く前に壁を作って運ぶ形に持ち込みたいところ。

 

そうでなくとも今回は距離延長で折り合いが課題、なおかつスローからの上がり勝負が濃厚なメンバー構成で序盤は流れがかなり落ち着きそうですから、特に道中のリズムについては福永Jの手腕に頼るところが大。

 

最後の直線でスパッと切れる脚を繰り出すためにも、そこに至るまでの道中で余計な力を使わないよう、上手く制御してもらいたいと思います。

 

そして何より、今回は中京遠征よりも遠出となる栗東→新潟間の輸送がどうか。

 

どうやら暑さには強いタイプのようで夏負けによる大幅減などは気にしなくても良さそうですが、以前の東京遠征時にはデビュー以来最低となる440㎏まで馬体を減らしてのレースとなっただけに、輸送距離が延びるのは大きな不安材料。

 

遠征に向けてはスタッフの方々が万全を尽くしてくださるとは思いますが、馬自身も急に馬運車が大好きになるとは思えませんので、この辺りは当日の馬体重、そしてパドックでの気配を注視する必要があると思います。

 

 

…このように、依然として多くの不安材料、特に前向きすぎる気性による問題を抱えながら競走生活を送っている現状なのですが、そんな中でも結果を出し続けているのがディメンシオンという馬。

 

力さえ出し切ってくれればここでも互角以上、それどころか上のクラスに行っても十分にやれる馬だと思っていますから、今回こそは余計な消耗を最小限に止めて実力を出し切り、鮮やかに連勝を飾ってもらいたいと思います。