hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(8/9)ディメンシオン、力さえ出せれば

 

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

18.08.09


8月11日(祝・土)新潟9R 三面川特別・牝(1000万下・芝1800m)に福永祐一騎手にて出走予定。


「この暑さでも問題なくやれていますし、追い切った鞍上によれば、『思っていた以上に時計が出ていた』とのこと。それだけ調子が良いということでしょう。今回は1800mになりますので、道中のリズムをより大切に乗ってもらえればと思います。新潟は勝っているコースですし、直線平坦もこの馬には合っているのではないでしょうか」(田代助手)

 

 

今週末の新潟戦・8月11日(土)新潟9R 三面川特別(3歳以上1000万下、牝馬限定戦)への出走を予定しているディメンシオンですが、先週の追い切りで速い時計を出した後も精力的に乗り込まれ、レースへの態勢を万全に整えてきました。

 

昨日の最終追い切りでは「『思っていた以上に時計が出ていた』」ということですが、それもそのはず、坂路で5Fから乗って計時した時計は自己最速となる52.6。

 

軽量の福永Jが乗っていたとはいえ、馬也の手応えでこれだけの時計を出してくるというのは流石の一言です。

 

この暑さの中にあってもやはり調子は良さそうで、能力の高さも折り紙付きですから、再三に渡って同じことを書くように、残す課題は輸送と折り合いのみ。

 

力を出し切ることさえ出来ればここでも勝ち負け以上の結果が期待できると思いますから、今回こそは余計な消耗を最小限に抑え、持てる能力を確実に発揮してもらいたいと思います。