hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(8/9)エンジェルリード、このまま続戦へ

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

エンジェルリード

 

18.08.09


札幌競馬場在厩。角馬場からダートコースに入り、普通キャンターにて調整されています。


「昨日跨った黛騎手も言っていたように、まだ背腰にいくらか疲れが残っているようですが、飼葉を食べてくれており、体重も前走時くらいには戻っていますので、8月26日(日)札幌6R 3歳未勝利(芝2600m)にむけて、このまま回復状況に合わせて進めていきたいですね。前走もそこまで悪い内容ではなかったですし、長い距離のほうがいいポジションで競馬できるはず。そのあたりを味方につけて、何とか巻き返したいところです」(尾関調教師)

 

 

再来週の札幌戦・8月26日(日)札幌6R 3歳未勝利(芝2600m)に向けて札幌で調整が続けられているエンジェルリードですが、今週からは騎乗運動も再開し、徐々に次走への準備が始まっている感じでしょうか。

 

先週の段階では次走までの間に一度放牧を挟む可能性もあるとの事でしたが、今週の近況では「このまま回復状況に合わせて進めていきたい」ということで、在厩のままで調整していく方針となったよう。

 

大敗続きの未勝利馬に貴重な出張馬房を割いていただけるのは有難い限りですし、尾関先生もラストチャンスでの巻き返しに期待をかけてくれているようですから、デビューからここまでの陣営の厚意と期待に応えられるよう、次回こそはなんとか満足のいく結果を出してもらいたいと思います。