Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(8/2) エンジェルリード、再び芝の長丁場へ

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エンジェルリード

 

18.08.02


札幌競馬場在厩。まずはレース後の様子見が行われています。


「前走は頭が高くならないようにネックストレッチャーを装着してみましたが、あまり効果は見られませんでしたね。レース後はそのまま札幌に滞在しており、今日から跨って状態を確認。ひとまず大きな問題はなさそうですよ。やはり距離があった方がポジションは取りやすいでしょうし、競馬もしやすいはず。次は8月26日(日)札幌6R 3歳未勝利(芝2600m)への続戦を意識していきましょう。場合によっては、今週末いったん坂東牧場へ短期放牧に出すかもしれません」(尾関調教師)

 

 

先週のレースでは見せ場を作りながらも結果9着と残念な結果に終わってしまったエンジェルリードですが、中1週での参戦となった前走後も「大きな問題はなさそう」という事で、このまま札幌に在厩しつつ、あるいは短期放牧を挟んでの続戦という事になる公算が大のよう。

 

その続戦先は「8月26日(日)札幌6R 3歳未勝利(芝2600m)への続戦を意識」しているということで、再び洋芝の長距離戦へと舵を切っていくようですね。

 

2走前の函館戦では結果を出せなかったものの、やはり北海道の2600m戦はベストに近い条件だと思いますし、思うように結果を出せていない現状の中でも、この舞台設定であれば展開ひとつ流れひとつでチャンスがあっても良いはず。

 

タイミング的にも次を落とすと後がありませんから、ラストチャンスでの一発逆転を決められるよう、何とか頑張ってもらいたいと思います。