hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(7/26)エンジェルリード、中一週で今週レースへ

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

エンジェルリード

 

18.07.26


7月28日(土)札幌6R 3歳未勝利(芝2000m)に勝浦正樹騎手にて出走予定。


「昨日ウッドでサーッと。何とか飼葉を食べてくれているようですし、少しは体も戻ってきていますよ。来週のレースまで待つことにより、かえって除外になってしまうようでは困りますからね。体調自体は悪くありませんので、確実に入れる余地があるうちに出走のチャンスを与えてあげたいと思います。距離も2000mあれば大丈夫。あとは相手関係によるところが大きいのではないでしょうか」(尾関調教師)

 

 

先週の段階では来週末の札幌戦へ向かう予定となっていたエンジェルリードですが、「確実に入れる余地があるうちに出走のチャンスを与えてあげたい」ということで、今週末の土曜札幌6R・7月28日(土)札幌6R 3歳未勝利(芝2000m)に向かう方向へと舵を切り、同レースへの出走を確定させました。

 

前走比600mの短縮は不安材料となるものの、ここは混合戦ながら権利持ちは僅か2頭で半数近くが前走2桁着順からの参戦、更には同型も少なく与し易そうなメンバー構成となっている印象もあり、その辺りのことを総合的に判断して出走に踏み切ったように思えます。

 

予定より1週早いタイミングでの続戦となりましたが、滞在競馬なら中1週でも大きなダメージはないと思いますし、馬体も「少しは戻ってきている」ということですから、あとは物足りない調教内容の中でもコンディションが維持されていること、そして久々を使っての上積みがあることを祈るばかり。

 

ここは今後これより相手関係が楽になる事はまず無いと思えるほどのメンバー構成(失礼?)ですし、今週末のレースでは母ステラリードが重賞を制した札幌の地で確かな前進を、出来ることなら母の名を挙げる勝利をつかみ取ってもらいたいと思います。