hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(7/26) ディメンシオン、連勝に向けて栗東帰厩

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

18.07.23


21日(土)に栗東トレセンへ帰厩。昨日は坂路にて普通キャンター1本を消化しています。

 

18.07.26

 

栗東トレセン在厩。今朝、坂路にて単走で追い切りを消化しています。


「いったん放牧に出したとはいえ、ほんの僅かな期間でしたからね。ふたたび順調に乗り始めていることですし、いい意味で特に変わった様子は見られませんよ。次走は8月11日(祝・土)新潟9R 三面川特別・牝(1000万下・芝1800m)、鞍上は引き続き、福永祐一騎手の予定です」(荻野助手)

 

 

前走直後から10日間ほど放牧に出されていたディメンシオンが、栗東トレセンへと戻ってきました。

 

短期放牧明けでも状態は変わらず順調のようで、復帰(続戦?)目標は前走直後の早い段階からアナウンスされていた通り、来月の新潟戦・「8月11日(祝・土)新潟9R 三面川特別・牝(1000万下・芝1800m)」が有力視されているとのこと。

 

左回りの大箱で昨秋には実際に勝利も挙げている新潟コース、そして鞍上にも既に主戦の福永Jを確保済と、次回のレースも良いイメージで臨む事が出来そうで何よりですね。

 

目標としている三面川特別は、限定戦ながら昨年は勝ち馬レッドアヴァンセが同年秋にOP入りを果たすと今春にはGⅡ2着→GⅠ3着と躍進、当時の2着馬ワキタエンカも次走のローズSでも2着に入ると古馬になって早々に重賞タイトルを手中に入れるなど上位陣のレベルが相当に高いレースとなっていましたから、今年もOP級の強敵が参戦してくる可能性もありそう。

 

そんな中、こちらは降級戦を勝っての1000万条件への(再)昇級戦にとなりますが、2勝級クラスは前々走の東京戦で既にメドを立てる…どころか勝ちに等しい内容を見せてくれていますから、ここでも力さえ出せれば互角以上の戦いが出来るはず。

 

もとより1000万条件どころか準オープン通用程度の活躍でも満足しきれない馬、ここでも格負けの心配は皆無だと思いますから、次回のレースでもしっかりと実力を発揮し、OP入りへの足掛かりにしてもらいたいと思います。