hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬近況(7/11) ディメンシオン、放牧を挟んで新潟へ

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ディメンシオン

 

18.07.11


本日、いったん吉澤ステーブルWESTへリフレッシュ放牧に出ています。


「重馬場の中、頑張って走ってきた後ですが、ひとまず大きな反動はなさそうですよ。このあとはリフレッシュを兼ねて、牧場のほうで回復状況を確認。引き続き問題がないようであれば2週間ほどでトレセンに戻し、8月11日(祝・土)新潟9R 三面川特別・牝(1000万下・芝1800m)への出走を意識していこうかと思っています」(田代助手)

 

 

先週のレースで降級初戦を見事白星で飾ってくれたディメンシオンですが、新潟への続戦を視野に入れつつも一度放牧に出され、まずは回復状況を窺っていくよう。

 

そのうえで、大きなダメージが無いようであれば「2週間ほどでトレセンに戻し、8月11日(祝・土)新潟9R 三面川特別・牝(1000万下・芝1800m)への出走を意識していこう」ということで、この後は中4週となる来月の新潟戦への参戦を意識しながらの調整となるようですね。

 

古馬になっても相変わらず入れ込みや馬体減の不安があり、詰めて使うリスクが人並み(馬並み?)以上に大きい馬でもありますから、続戦するにしても一息入れてから臨む形になるのは良いはず。

 

落ち着いて臨む事が出来れば昇級即通用は間違いないと思いますので、まずはしっかりと疲れを癒し、万全の態勢を整えたうえで次に進んでくれればと思います。