Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(6/7) グランソヴァール、使い出しはダートから

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

18.06.07


美浦トレセン在厩。昨日は坂路にて普通キャンターを1本、今朝ウッドにて追い切られました。馬体重500kg(6/7測定)


「今日は先行させたところ、物見をしたり、手前を替えたりと、ちょっとバタバタした走りになりましたね。ペースが遅かった分、併せた時はきちんと動けており、終いも12秒台が出てはいますが、どうやら瞬発力タイプではなさそうですので、ダートの方が良いのではないでしょうか。あと2~3本やれば出来てきそうな感じもありますし、遺伝子検査で“短いところ”とのデータもあります。よって、6月30日(土)福島6R 2歳新馬(ダ1150m)から入れていきましょう。来週の東京ダ1400mだと間に合いそうになく、再来週の東京は芝1600mと芝1800mのみ。芝がダメというわけではないものの、そこはスローの上がり勝負になりそうですから…。福島で除外されるようであれば、その翌週の中京ダ1400mでも構いません」(尾関調教師)

 

 

引き続き美浦で調整が続けられているグランソヴァールですが、この中間もしっかりと乗り込みを進められ、デビューに向けての態勢を整えてきています。

 

今朝の追い切りでは、南ウッドで5F=71.6-55.2-39.9-12.6を計時。

 

フラットコースでの追い切りでもしっかりと動けており、ラスト1Fも12秒6(クラブ公式では12秒9)で走破していますから、やはり素材は悪くなさそうですよね。

 

ただ、ここまでの感触から「瞬発力タイプではなさそうですので、ダートの方が良いのでは」という事で、使い出しは月末の福島戦・6月30日(土)福島6R 2歳新馬(D1150m)、または「その翌週の中京ダ1400m」・7月7日(土)中京6R 2歳新馬(D1400m)あたりが有力視されているとのこと。

 

福島D1150はスタートに左右される部分が大きいので(同条件でデビューした半姉ゼロカラノキセキも、発馬で後手を踏んで苦いデビュー戦に終わってしまいましたから…)、1回除外で権利を取っての中京デビューが理想かなと思ったりもしますが、いずれにしてもES検査の結果通りの「“短いところ”」、今月末から来月頭にかけてのダート短距離戦から使い出していく予定になっているようですね。

 

となると目標としていた「6月東京の芝1400m戦でのデビュー」はお流れとなりますが、もともと砂でこそのタイプだと思っていることですし、初戦から好走以上に期待できそうなこの条件変わり(?)は大歓迎。

 

悲願となっている2歳戦での勝ち星を掴むべく、実戦投入までの残り1か月も何事もなく順調に進んでいってくれれば、と思います。