Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(5/10) グランソヴァール、美浦入厩!

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

グランソヴァール

 

18.05.07


5日(土)に美浦トレセンへ入厩。昨日は、坂路にて普通キャンター1本を消化しています。


「牧場でペースアップが可能な状態になっていましたし、ちょうど同じくらいの進行状況にある調教パートナーもいましたからね。ここからは手元で感触を窺いながらトレセンの環境に慣らし、ひとまずゲート試験合格まで進めてみようかと思います」(尾関調教師)

 

18.05.10

 

美浦トレセン在厩。今週は坂路とウッドを併用、普通キャンターの後にゲート練習を行っています。


「入厩後まもないこともあって、まだゲートをゆっくりと歩かせて通すなど、まずは物事に慣らしている段階。目下はゲート練習を中心に進めていきたいですね。トレセンの環境に変わっても特に取り乱すようなことはなく、どうやら大丈夫のようですよ」(尾関調教師)

 

 

 

 

入厩に向けて美浦近郊のスピリットファームで調整を続けられていたグランソヴァールですが、ここまでの順調さを買われたか「ここからは手元で感触を窺いながらトレセンの環境に慣らし、ひとまずゲート試験合格まで進めてみよう」ということで、5月5日の土曜日付けで美浦トレセンに初入厩となりました。

 

スピットファームで「乗り込み量が足りていない」と言われていた事もあって、トレセン入りはもう少し先のことになるかなと思っていただけに、GW中の入厩となったことは良い意味で予想外。

 

アナウンスがないままの電撃入厩は尾関先生の得意技(?)ですが、今回も機を見るに敏というか、馬の状態や周囲の状況を総合的に判断しての入厩となったようですね。

 

今回の入厩では「ひとまずゲート試験合格まで」をひと区切りとして進めていくとのことですが、6月デビューを目指すという話もあったグランソヴァールだけに、乗り進めての感触次第ではゲート合格から新馬戦直行となる目も当然あるはず。

 

もちろん、陣営が夏前のデビューを時期尚早とするなら無理に早期デビューにこだわる必要もないと思いますし、その辺りの判断はあくまでも馬本位でお願いしたいところ。

 

いずれにしてもデビュー前の2歳馬の初入厩、ここから数週間の動向は非常に気になることろですし、これからの展開には大いに注目していきたいと思います。