Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(4/12) キングオブハーツ、乗り込みを重ねて

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

キングオブハーツ

 

18.04.12


栗東トレセン在厩。今週はウッドにて長めから乗り込まれています。馬体重484kg(4/10測定)


「長めをやるのは、今回帰ってきてから初めて。それを考えれば動き自体は悪くありませんでしたが、まだ緩いというか、目方云々ではなく、体に締まりがない感じでしょうか。それゆえにレースはもう少し乗り込みを重ねてから。4月28日(土)京都2R 3歳未勝利(ダ1800m)あたりを目標にしたいと思います。鞍上は、藤岡佑介騎手で調整中です」(野中調教師)

 

 

先月末に栗東に戻ったキングオブハーツですが、今月の頭から坂路にウッドにと乗り込みを進められ、復帰に向けての態勢を整え始めています。

 

まだ体に緩さが残り、「レースはもう少し乗り込みを重ねてから」とのことですが、復帰のタイミングについては「4月28日(土)京都2R 3歳未勝利(ダ1800m)あたり」が目標となっているとのことで、早ければ今月末にも戦線復帰となるよう。

 

また、前述の追い切りで藤岡康太Jを背にCWに入っていたこともあり、月末のレースでも藤岡Jが騎乗するのかと思っていましたが、実際のレースでの鞍上は「藤岡佑介騎手で調整中」とのことで、藤岡Jは藤岡Jでも藤岡祐介Jの方とタッグを組むことになるようですね。

 

砂に変わってどうかというのは実際にやってみないと分からないというのが正直なところではありますが、現状ではダートの方が良いというのが野中先生の見立てのようですし、勝負所で一気にポジションを下げた前走の感じからも、(現状では)緩急の激しい競馬よりはワンペースの競馬の方が合いそうなのも確か。

 

きっかけ一つで勝ち上がれるだけの素質は持っていると思いますから、ここでの条件変わりと休養の効果が出れば次走で一気に勝ち切ってもおかしくないと思いますし、そうなってくれるのではないかと密かに期待しています。