Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(3/29)エンジェルリード、来週こそは好走を

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エンジェルリード

 

18.03.29

 

美浦トレセン在厩。昨日は、ウッドにて長めから追い切られました。


「徐々に疲れは取れてきており、それなりに動かし始めている段階。この感じであれば、来週4月7日(土)福島8R 3歳未勝利(芝2600m)または、8日(日)福島5R 3歳未勝利・牝(芝2000m)に使えそうですね。乗り役によれば、『追い出して頭が高くなり、ちょっと物足りない感じになった』とのことですが、鞍上の体重差もありましたし、トモに緩さが残る中で頑張っていたとは思います。テンションの高さも以前ほど目立つ感じではなく、この馬なりに成長しているのではないでしょうか」(尾関調教師)

 

 

来週末の福島戦・4月7日(土)福島8R 3歳未勝利(芝2600m)または4月8日(日)福島5R 3歳未勝利(芝2000m、牝馬限定戦)への出走を視野に調整が続けられているエンジェルリードですが、水曜日にはウッドで1週前追いとなる併せ馬も消化し、レースに向けての態勢を整えてきています。

 

追い切り内容自体は良くも悪くもこの馬なりといった感じのモノでしたが、尾関先生としては「乗り役によれば、『追い出して頭が高くなり、ちょっと物足りない感じになった』とのことですが、鞍上の体重差もありましたし、トモに緩さが残る中で頑張っていたとは思います」とのことで、少しでも成長を実感できる部分が見られたことは嬉しい限りです。

 

次回は初ダートで大敗した後の芝変わり(出戻り?)戦とあって人気を落としそうですが、来週のレースでも地力を要する福島の芝に変わることによる地の利、そして前回芝を使った時からの成長分を含めた内外の上積みを活かすことができれば、十分に好勝負ができるはず。

 

個人的に大目標としている北海道シリーズに向けての見通しを立てるべく、ここで一気に巻き返してもらいたいと思います。