hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(3/29)クレッシェンドラヴ、経過を見ながら

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

18.03.29


美浦トレセン在厩。獣医師チェックを続け、経過観察が行われています。


「ご心配をおかけしており、申し訳ございません。徐々に消炎剤の効果は出てきていますが、ダクを踏むとまだ幾らか歩様に見せますので、週末にかけてもう少し様子を見させて欲しいところです。引き続き、毎日の獣医師チェックを受け、2~3日後ぐらいには、このままトレセンで進めて行けるのか、それとも一旦放牧に出してお休みを挟むべきなのかを判断していきたいと思っています」(林調教師)

 

 

トレセン内での事故で左臀部に筋挫傷を負ってしまったクレッシェンドラヴは、痛み止めを入れながらその後の経過を観察中とのこと。

 

幸いにも状態が悪化するようなところは無かった(まだ早い?)ようですが、今後の去就にも関わることですので、ここからも慎重に見ていただきたいと思います。

 

 

勝ち負け濃厚と見ていた今週末のレースへの出走が叶わなかったことは重ね重ね残念ですが、まだまだ先の長い馬ですし、ここで無理をして将来を棒に振ることだけは絶対に避けたいところ。

 

まずは怪我の完治を第一に、その後も馬のコンディションを最優先で今後の方向性を決めていただければ…と思います。