hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬近況(3/22) クレッシェンドラヴ、態勢を万全に

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

18.03.22

 

美浦トレセン在厩。今週より速めを再開しています。


「昨日はウッドで無理なく単走。特に疲労の蓄積は感じられず、トモなどもケアしながらであればまだ大丈夫そうですね。もう中身は出来ていますので、それほどやる必要はありませんが、現時点ではやや重めでしょうか。来週は併せ馬で少し強めにやろうかと思っています」(林調教師)


「次走は4月1日(日)中山9R 安房特別(1000万下・芝2500m)。このまま乗り進めていき、体を引き締めていきましょう」(篠原助手)

 

 

来週末の中山戦・4月1日(日)中山9R 安房特別(芝2500m、4歳以上1000万下・ハンデキャップ競走)に向けて調整が続けられているクレッシェンドラヴですが、坂路にウッドにと今まで以上に精力的に乗り込まれ、レースに向けての態勢を整えてきています。

 

1週前追いとなる昨日の追い切りは「無理なく単走」にとどめたようですが、(普段より長めの距離を乗りながら)手応え馬ナリのままでラスト1Fをちゃっかり12秒台で〆ていたりしますので、前走からの大きなデキ落ちは無いのかなと。

 

それでも現時点では馬体面が「やや重め」というジャッジのようですが、ここから日・水と時計を2本出す(はず)中で絞れて来ると思いますし、心身のコンディションも林厩舎の方々がしっかりと整えてくれるはず。

 

態勢さえ整っていれば問題なく勝ち負けになってくれると思いますから、来週末のレースに向かって更に乗り込みを進め、しっかり身体を引き締めていただければと思います。