Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走結果(3/10) エンジェルリード、推進力欠き大敗

 

昨日の中京2レース・3月10日(土)中京2R 3歳未勝利(D1800m、牝馬限定戦)に出走したエンジェルリードは11着でした。

 

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

エンジェルリード

 

18.03.10


五分のスタートも、道中は中団より後方の位置。終始、推進力を欠く走りとなってしまい、結果11着での入線となっています。


「ゲートを普通に出ているのに、そこから全く進んで行ってくれませんでした。元々頭が高めの馬みたいですが、それにしても頭を上げて、最後はもう走るのをやめていましたからね。ダートが合わなかったということでしょう」(柴山騎手)


◆もうひと押しを補うべくダートに新味を求めた今回でしたが、レース前半から頭の高さが目立つ走りになり、1コーナーでは外に膨れるシーンも。初めて砂を被って戸惑ってしまった部分もあったのかもしれませんが、結果的にはダート適性に疑問符をつけざるをえない内容となってしまいました。なお、芝のレースに戻すとしても、優先権なしの状態ではある程度のレース間隔をあける必要が出てくるため、引き続き調教師とよく意見交換を行い、今後の方向性やローテを再検討していきたいと考えます。(HTC)

 

 

スタートが決まって先行態勢を取ったものの、そこからの二の脚が一息。

 

 鞍上の柴山Jが押しながら前に行こうとするも、中々進んでいくことが出来ず、コーナーリングも上手くいかずに後方まで下がってしまいます。

 

その後も追走で一杯一杯の形になり、直線でも全く伸びることができずに後方侭でゴールイン。

 

結果、勝ち馬から4秒近く離されて11着での入線となりました。

 

 

 ・・・ということで、初のダート戦となったエンジェルリードの5戦目は11着(3番人気)という結果になりました。

 

ダート適性に期待して送り出した一戦でしたが、スタートして20mくらいで「あ、これはダメそう」という感じでしたし、今回の敗因に関しては「ダートが合わなかった」という柴山騎手のコメントが全てでしょう。

 

ここまで何もなく負けるといっそ清々しいというか、未練なく「ダートは不得手、次は芝で」と方針転換が出来るような結果だったかなと。

 

したがって、大敗直後でもここはスパッと切り替えて、来月から始まる福島開催や6月からの北海道シリーズのような適性の高そうな所へ向かえば、次はしっかりと巻き返してくれるはず。

 

条件さえ整えば未勝利を勝てるだけの力は持っていると思いますので、勝ち上がりに向けてまた堅実に頑張ってくれれば、と思います。