Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(3/8) クレッシェンドラヴ、次も中山を目標に

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

クレッシェンドラヴ

 

18.03.08

 

美浦トレセン在厩。まずはレース後の様子見が行われています。


「さすがにレース直後はそれなりの疲れや反動が見て取れましたが、週明け以降は日増しに回復。ちゃんとケアしながらであれば、このまま続戦に向けて進めていけるのではないでしょうか。目標は4月1日(日)中山9R 安房特別(1000万下・芝2500m)。休み明けを二度使って中身は出来ていますので、もうバリバリ攻める必要はなさそうです」(林調教師)

 

 

昇級戦だった先週のレースで差のない2着と好走したクレッシェンドラヴですが、レース後はケアを受けつつ静養し、回復状況を窺っているよう。

 

強力メンバーを相手に力走した直後ということもありますし、次回も再び良いレースをするべく、まずはしっかりと疲れを取ってもらいたいと思います。

 

その次走については、「目標は4月1日(日)中山9R 安房特別(1000万下・芝2500m)」とのことで、4月1日の中山9R・4月1日(日)中山9R 安房特別(芝2500m、4歳以上1000万下・ハンデキャップ競走)が有力候補となっているとのこと。

 

あくまでも今後の回復状況次第ということにはなりますが、前走と同条件のレースへの続戦を本線として考えているようですね。

 

次走は以前に「続けて使える限界」と言われていた休養明け3戦目、更にハンデキャップ競走で斤量がどうかという所はありますが、昇級初戦で強い競馬を見せてくれたクレッシェンドラヴだけに、次走の注目度も期待度も大。

 

次は今回以上に人気を背負う立場にもなるでしょうから、次回も気持ちの良い競馬、内外の期待にしっかりと応えられるような競馬を見せてもらいたいと思います。