Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬出走情報(3/3) クレッシェンドラヴ、連勝なるか?

 

近況の方でもお伝えした通り、明日の中山競馬9レース・3月3日(土)中山9R潮来 特別(4歳以上1000万下、芝2500m)に我らがクレッシェンドラヴが出走します。

 

 

前日夜22時現在の前売りオッズは、単勝3.7倍の2番人気。

 

専門各誌でも厚めの印が付いていますし、上位人気の一角としてレースに臨むこととなりそうですね。

 

また、枠順は2枠2番と相成りました。

 

中山芝2500mのスタート地点は3コーナーの付け根あたりとなっており、スタートしてすぐに1週目の3-4コーナーへと入っていく舞台設定となっていますから、基本的には内枠有利の条件(のはず)。

 

ただ、今回は道中のスローが濃厚のメンバー構成だけに、団子になった馬群の内目で揉まれるような形になった時がどうかでしょう。

 

それでなくてもクレッシェンドラヴは大跳びでエンジンが掛かるのに時間が掛かる馬、多少の距離ロスがあっても外目からリズム良くギアを上げていきたいタイプの馬だけに、勝負所では外を回る形を取りたいと考えているでしょうし、出来れば2周目のバックストレッチまでには外目に出しておきたいところ。

 

そのためにも今回は今まで以上に発馬と二の脚、そして道中のポジショニングと捌き方が重要になってきそうですが、クレッシェンドラヴとのタッグで(2-0-0-0)と抜群の相性を誇る内田Jなら、今回もきっと上手く導いてくれるはず。

 

ここは転厩初戦で臨む昇級戦、相手関係的にもハイレベルなメンバー構成での一戦となった印象ですが、素質の高さはここに入っても引けを取らないだけのモノを持っていると確信していますから、得意のコースと距離、そして頼れる鞍上を味方に、今回も好走に期待したいと思います。