hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(1/18) ブライトメモリー、久々のトレセン入り

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

ブライトメモリー

 

18.01.17


UPHILL在厩。先週末よりペースアップ、明日の栗東トレセン入厩が予定されています。


「休み明けというよりは、普通に競馬を二度使い、そこから軽くリフレッシュを挟んだ感じでしょうか。したがって、体つきに大きくゆとりがあるわけではありませんが、冬場にしては毛づやも悪くないですし、先週末の14-15、今朝の15-16ともに動きもOK。ペースアップできる状態になっていますよ」(木村マネージャー)

 

18.01.18


本日、栗東トレセンに入厩しています。


「来週にはゲート試験を受けるつもり。詳しくはこちらで進めていきながらですが、まずはダート1400mあたりの番組から使ってみようかと思っています」(小崎調教師)

 

 

 

名古屋競馬で2連勝して中央への再転入条件を満たし、「マル地馬」となって中央に復帰したブライトメモリーが、久々に栗東トレセンに帰ってきました。

 

復帰戦については「詳しくはこちらで進めていきながらですが、まずはダート1400mあたりの番組から使ってみようかと思っています」ということで、名古屋競馬でV2を達成した距離でもある1400m前後の番組を中心に探していく感じでしょうか。

 

「関西圏で行われる、D1400mの牝馬限定戦」を調べてみると、該当する条件設定のレースは意外に少なく、2月27日の阪神7Rが最速(最短?)。

 

頭数を見ながら関東圏まで足を運ぶ、あるいは混合戦・交流戦などに向かうなど一口に「ダート1400mあたりの番組」と言っても方向性は様々ですが、コンディションも「短期放牧明け」のような状態のようですし、帰厩のタイミングからも2月中の復帰が濃厚のような気がします。

 

3歳のうちに地方中央で8戦を消化したブライトメモリーですが、来月に復帰戦を迎えると仮定すれば、中央のレースに出走するのは昨夏の小倉戦以来で約半年ぶり。

 

経験を積んだ今なら中央でもやれると思っていますし、500万条件でも通用のメドを立てられるよう、復帰戦から頑張ってもらいたいと思います。