hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走結果(1/13) パワーバンド、「どん底」の初戦

 

今日の中山5R・1月13日(土)中山5R メイクデビュー中山(3歳新馬、芝1600m)に出走したパワーバンドは16着でした。

 

 

パワーバンド

 

18.01.13

 

スタートダッシュがつかず、最後方からの競馬。終始レースの流れについて行くことができず、結果16着での入線となっています。


「調教ではそれなりに動いていましたし、能力がない訳ではないのですが、トモがグッと入ってこないためにクビも使えず、置かれる格好になってしまいました。現状ではまだ体が出来ておらず、レースで走れる態勢にはなかったということ。今日のような感じであれば、ダートに使った方が良いのかもしれません。ダート競馬で力をつけつつ、走れる体になってくるのを待ってあげたいですね」(松岡騎手)


◆稽古では水準のタイムが出ていましたし、体つきなども悪くはない馬ですが、なにぶんトモに緩さを残してる状況ゆえ、初めてのスピード競馬に対応しきれなかった様子。その結果、今回は最後まで無理をさせない内容にも見て取れました。なお、ダメージが少ない競馬となったため、「権利はないが、このまま続戦の方向で。出馬状況を見ながら、次はダートに使ってみたい」と厩舎陣営。今度は条件を替え、最後まで追う競馬をして感触を窺ってみたいところです。(HTC)

 

 

スタートで後れを取り、序盤は後方から。

 

鞍上が促しながら前を追うものの馬群との差はなかなか詰まらず、道中は一頭ポツンと離れた最後方を追走することに。

 

勝負所に差し掛かって内から進出を図るものの、やはり前との差を詰めることはできず、馬群から脱落した馬を交わすこともままなりません。

 

直線では早々と流しに入り、そのまま最後方でフィニッシュ。

 

見せ場を作ることなく16頭立ての最下位と、非常に苦い結果となってしまいました。

 

 

…ということで、パワーバンドのデビュー戦は16着(8番人気)でした。

 

レースにほとんど参加することなく終わってしまい、その内容について言及することはない…というか、文字通りの「後方侭」で見所も言えることもない、というのが正直なところ。

 

初戦の内容だけで言うならば、歴代の出資馬の中で最も「何もなく負けた」レースだったと思います。

 

しかしながら、もとより今回は今後に向けての試走という位置付けの一戦でしたし、この内容であれば脚元への反動も皆無でしょう(これで反動が出るようだと、流石に…)。

 

レース内容としては初戦からいきなり「どん底」を経験することになってしまいましたが、ここから先は文字通り前進しかありません。

 

調教ではそれなりに動いていましたし、能力がない訳ではない」という松岡Jの言葉通り、ここまで「走れない」馬ではないということは間違いないと思いますから、調教進度や時間と共に身体が出来上がってくれば、必ずや良い所を見せてくれるはず。

 

このまま使いつつ着実に力を付けていき、いずれは大逆転での勝ち上がりを叶えられるよう、大敗にもめげずに頑張ってもらいたいと思います。