hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(1/10) ブライトメモリー、月内帰厩も視野に

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
 
ブライトメモリー
 
 
18.01.10
 
UPHILL在厩。現在は、おもに坂路にてハロン16~17秒ペースのキャンター1本を消化しています。
 
「到着後、数日してから背腰に少し疲れを見せた程度で、それもすぐに回復。今では馬体が戻り、コンディションも上向きですよ。昨年の9~10月頃は体調がどん底でしたが、この度はすぐに体に張りが戻ったように、内臓面などもストレスフリーな状態にあるのでしょう。今週末より15-15を取り入れ、今月中のトレセン帰厩に備えます」(木村マネージャー)
 
 
昨年末に稲富から栗東近郊のUPHILLへと戻ってきたブライトメモリーですが、名古屋で短期間のうちに実戦を2度使ったことによるダメージもほとんど無かったようで、既に乗り込みも始められている様子。
 
また、「昨年の9~10月頃は体調がどん底でしたが、この度はすぐに体に張りが戻った」とのことで、未勝利脱出のために攻め込まれ満身創痍だった前回帰厩(放牧?)時とは違い、今回は体調面も落ち着いているよう。
 
実際、体調不良と蕁麻疹の発疹に苦しまされていた昨秋に比べれば状態は雲泥の差でしょうし、今は心身ともに好調のようですから、このコンディションを保ったままで復帰戦を迎えたいところです。
 
 
その復帰戦の時期ですが、「今月中のトレセン帰厩」がひとつの目標になっているということですから、このまま順調なら2月中旬~3月上旬あたりに中央復帰戦を迎えることとなるでしょうか。
 
以前の中央時代は未勝利戦の3着が最高着順だったブライトメモリーですが、名古屋で経験を積んで勝ち味も覚えた今なら中央の500万条件戦で通用しても不思議はないと思いますし、元より奥手のイメージがあって更なる伸びしろにも期待できるはず。
 
まずはメドを立てるところからとは思いますが、今年こそは中央競馬で勝ち星を挙げるべく、久々の中央戦でも頑張ってもらいたいと思います。