hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走情報(1/6) キングオブハーツ、2戦目で変わり身を

 

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)

 

 

キングオブハーツ

 

18.01.04


1月6日(土)京都5R 3歳未勝利(芝2200m)に荻野極騎手にて出走予定。


「昨日の追い切り時にブリンカーを試用。それ自体を気にする感じはなかったですし、3頭併せの真ん中に問題なく入って行き、終いも反応して伸びてくれましたからね。それなりの効果が見込めそうですので、レースでも着用したいと思います。年末年始と体調は安定していますし、2走目ということも含めて、今度はもう少し前向きさを出してくれるのでは。前走からの変わり身を見せて欲しいところです」(野中調教師)

 

 

既報の通り、明日の京都5レース・1月6日(土)京都5R 3歳未勝利(芝2200m)に我らがキングオブハーツが出走します。

 

前日夜23時現在の前売りオッズは、単勝34.5倍の5番人気。

 

前日売りとはいえ「売れなさすぎ」の感がありますが、新聞各誌の印を見るに、おそらくは単勝オッズ10倍台での4~5人気くらいに落ち着くのかな、と思います。

 

また、枠順は2枠2番と相成りました。

 

当面の課題が「集中力を切らさずに走らせる」ことである以上、回りに馬を置きながらレースを進められそうな内枠は、気持ちひとつで好枠となるはず。

 

発馬を決めて馬込みで折り合いつつ、周りに馬を置いて集中力を切らさずに進め、最後の直線で進路を作ってGOサイン…と何から何まで上手くいってくれるかは分かりませんが、イン有利が予想される開幕週の京都コースだけに、内枠を上手く生かして運ぶことが勝ち負けの必須条件となることは間違いなさそうです。

 

 

昨年末のデビュー戦で人気を集めながらも大敗を喫してしまったキングオブハーツにとって、今回は巻き返しを期して臨む一戦。

 

相変わらず調教の動きは上々ですし、水曜日の最終追いでは南Wでは3頭併せで格上馬を相手に追走先着を果たしつつ、ラスト1F11.7の自己ベストも更新。

 

これらの調教時計や陣営の評価からも良いモノを持っていることは間違いないと思いますので、ここでも力さえ出してくれれば通用以上は間違いない器のはず。

 

そして、今回はデビュー戦でタッグを組む予定だった荻野極Jとのコンビ復活、調教時点からのブリンカー着用、2200mへの距離延長、初戦を叩いての心身両面の上積みと、「通用以上」を見込める要素は十分。

 

本当に良くなるのはもう少し時間が経ってからとは思いますが、それでもここは「一歩前進」以上の結果、メドを立てる以上の結果を求めたい一戦です。