hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(12/7) エンジェルリード、年内にもう1戦?

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
エンジェルリード
 
17.12.07
 
美浦トレセン在厩。まずは運動のみで、レース後の様子を窺っています。
 
「まだ力がつききっていない中、前走も渋太く頑張ってくれましたよね。ひとまずレース後も骨瘤は平気そうですので、年内もう一走ぐらいはできるかもしれませんが、詳しくは跨ってみての感触も含めて。次走に関しては、これから進めていく中で慎重に考えていきたいと思います」(尾関調教師)
 
 
先週のレースで4着と頑張ってくれたエンジェルリードですが、レース後は軽めの運動にとどめ、まずはダメージの回復状況を窺っているよう。
 
この後の様子次第では「年内もう一走ぐらいはできるかもしれません」という事ですが、続戦か放牧かといった今後の方向性が決定するのは、もう少し先になりそうですね。
 
この馬のことについてはスタッフの方々が的確に判断して下さっていると思いますし、進退の見極めも厩舎陣営に「おまかせ」してしまって良いはず。
 
現時点でも思いのほか(?)頑張ってくれているとはいえ、本質的にはまだまだこれからという感じの馬ですし、優先権があるとはいえ慌てず焦らず、この馬のペースで進めていっていただければ…と思います。