Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(11/23) キングオブハーツ、デビューが見えた!

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
キングオブハーツ
 
17.11.23
 
栗東トレセン在厩。昨日はウッド半周後に坂路を1本、今朝ウッドにて長めから追い切られました。
 
「最後まで併走馬と互角に動けたように、初めて長めを追ったにしては、予想以上にやれていたと思います。まだまだ緩さを残しているため、止め際などで不安定な感じですが、その分、伸びしろは十分とも言えますからね。馬体重は470kg程度。この後、反動がないようであれば、12月10日(日)中京5R 2歳新馬(芝2000m)あたりを目標にしていこうかと考えています」(野中調教師)
 
 
今月の9日付けでゲート試験に合格、先週からは乗り込みを更に強められているキングオブハーツですが、先週の坂路追いに続いて今週はCWで長めに追い切られ、ラスト1Fのタイムも12秒を切る(媒体によって11.8~12.0)時計で走破しました。
 
軽量の騎手(荻野極J)を乗せていたとはいえ、初めてのCWコースかつ重め(稍重)の馬場でこれだけ動けたのであれば、及第点以上の内容だったと言って良いのではないでしょうか。
 
実際、この動きを受けて野中先生からは「予想以上にやれていた」というコメントとともに、「12月10日(日)中京5R 2歳新馬(芝2000m)あたりを目標にしていこうかと考えています」と、ついに具体的なデビュー目標が発表されました。
 
先週の坂路追いでも「思いのほか動けた」というコメントが出されていましたし、ここまでは思いのほか好調というか、良い意味で予想を裏切るような動きを見せてくれているようで、思っていた以上のトントン拍子でデビュー戦まで進んでいくことができそう。
 
「まだ緩さを残している」という事ですし、(兄のクレッシェンドラヴがそうだったように)本格化はまだまだ先でしょうが、そんなキングオブハーツが現時点の力でどこまでやれのるか、いよいよ見えてきたメイクデビューの時が楽しみでなりません。