Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現5歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ 16年産(現3歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ 17年産(現2歳世代)→パーフェクトラヴ/キャッツアイ/アレアシオン/スノージュエリー 18年産(現1歳世代)→ゴッドフロアー'18/ステラリード'18/スイートマカロン'18

出資馬近況(11/23) パワーバンド、このまま乗り込んで

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
パワーバンド
 
17.11.23
 
美浦トレセン在厩。坂路を中心に少しずつピッチを上げて乗り込まれています。
 
「今朝が雨予報でしたので、昨日のうちに坂路で速めを。さすがにまだ息が荒く、体も緩いうえに立派すぎますので、もう少し乗り込みが必要な状況ではありますが、左前の球節は小康状態をキープしており、何とかこのまま進めていけそうです。まずは慎重に負荷をかけ、本数を積み重ねていければと思います」(佐々木助手)
 
 
ゲート合格直後だった先週の近況では「放牧も視野に入れつつ、方向性を検討する」とされていたパワーバンドですが、「左前の球節は小康状態をキープしており、何とかこのまま進めていけそう」という事で、今週に入っても在厩のまま調整が進められているよう。
 
先週末には坂路で初時計を出し、昨日の調教では「坂路併せ・一杯」という負荷が掛かりそうなメニューを消化しているように、患部となる球節をケアしながらであればこのまま進めていっても大きな反動は出ない、という判断になったのでしょうか。
 
このままデビューを目指していけるのは喜ばしい限りですが、ここまでに色々あったパワーバンドだけに、ここから先も油断は禁物。
 
ペースアップを焦ってオーバーワークにならないよう、馬の具合を慎重に見極めながら進めていっていただければ…思います。