hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

広尾TCの16年産募集馬、中でも気になるのは…

 
ずばり、スイートマカロン'16(父ダンカーク)です。
 
 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
Profile
 
・スイートマカロン'16
 
牡1歳 3月25日生まれ
 
ダンカーク×母スイートマカロン(母の父Tale of the Cat)
 
美浦尾関知人厩舎入厩予定
 
募集総額:1600万円
 
 
 
 
 
半兄にデストリーライズ(中央1勝・現役)&パワーバンド(未出走)、半姉にゼロカラノキセキ(中央1勝・現役)。
 
 
 
・・という事で、今年のイチ押しはスイートマカロン'16です。
 
去年の同じタイミングに書いた記事では3頭(スイートマカロン'15=パワーバンド、ハイアーラヴ'15=キングオブハーツ、レフィナーダ'15=レイナグラシア)を取り上げましたが、今年はスイートマカロン'16のみをピックアップし、文字通りの「イチ押し」で行こうと思います。
 
 
さて、この辺の記事(http://haku-san.hatenablog.com/entry/2016/12/21/220811)をまとめた際に調べて知ったことなのですが、この世代にはミスペンバリーハイアーラヴグレイスフルソングベイビーローズといった広尾TCゆかりの(?)肌馬たちの産駒が不在で、所謂「谷間の世代」のようになっているんですよね。
 
そんな中で唯一、(昨年12月当時の)出資馬の半弟半妹に当たる存在だったのが、このスイートマカロン'16
 
これまで特に募集予告のようなものが無かったために、広尾TCで募集してくれるのか、厩舎はどこに、募集総額はいくらになるのか…と気になっていたのですが、クラブ的にも血統的にも縁のある尾関厩舎への入厩(予定)が発表され、募集総額に至っては同期の中で一番低い1600万円と、思っていた以上の「好待遇」に良い意味で期待を裏切られました。
 
 
プロフィールの諸々はクラブの公式ページを見ていただくとして、この馬の魅力は何と言っても母スイートマカロンの仔出しの良さ。
 
初仔のデストリーライズ(父カネヒキリ)は既に募集額を回収しており、半姉ゼロカラノキセキ(父キンシャサノキセキ)は中央1勝級での掲示板が6回もある安定勢力、1つ年上の半兄パワーバンド(父ディープブリランテ)も入厩間近との事ですし、コンスタントに結果を出してくれる血統、明確なハズレの無い血統だと思っています。
 
特に、二番仔で現役出資馬のゼロカラノキセキは13年産の無料提供馬ながら現時点で1600万円以上の賞金を獲得、勝ち上がり率25%に終わった4歳世代の世代別回収率を1頭で100%近くにまで引き上げている大功労馬。
 
一口2世代目にして初の勝利をもたらしてくれたのも彼女で、その下で本馬にとっては半兄にあたるパワーバンドには既に出資済と、思い入れの強い血統でもあります。
 
 
兄姉(というか姉)の話が長くなりましたが、ここからは募集本馬の話。
 
上記の半兄半姉から父が新種牡馬ダンカークに変わったことで、上の3頭と違い「サンデーサイレンスの血を一滴も含んでいない」という単純明快な問題を抱えてしまっているのですが、Unbridled's song直仔×storm Catという血統の字面はいかにもアメリカの砂馬という感じで、新ひだか産ながらちょっとした外車気分が味わえるのも魅力の一つかもしれませんね。
 
いかにもな砂馬とあって気になるのは馬格ですが、これについては現時点では未発表。
 
寸尺や馬体重は最初の近況更新(20日に更新、との事ですね)で発表になるのかなとは思いますが、ある程度以上の馬格があるかどうか、そして管囲などのフレーム部分が頑丈に出来ていそうか、といった点はしっかりとチェックしておきたいところ。
 
半兄半姉の戦績から、売り文句となっている「大化けの可能性」よりも「堅実性」を望みたいタイプというイメージで、良い意味での小物タイプ、下~中級条件で出走回数と小銭をコツコツ稼ぐタイプになってほしいという願望からも、、ある程度使い込んでも挫けない頑丈さ、丈夫さを感じられると嬉しいですね。
 
 
続いて環境の話になりますが、まず厩舎に関しては文句なし。
 
ここ一番での鞍上起用やレース選択の腕も確かで、私が一番信頼している陣営と言っても過言ではない厩舎ですから、半姉ゼロカラノキセキや僚馬エンジェルリードと共に、スイートマカロン'16も良い方向へと導いてくれると思います。
 
また、育成場の坂東牧場(で良いのかな?)もお馴染みの育成場で、下地作りもしっかりと進めてくれるはず。
 
将来的には尾関厩舎の前線基地・リバティHNあたりにもお世話になるかと思いますが、どの育成場・外厩も確かな手腕を持ったところだと思いますので、「任せて安心」なのではないでしょうか。
 
 
長々と宣伝を続けてきましたが、その他血統診断や遺伝子検査の結果など、詳しい事については広尾TCの公式サイトをチェックしていただければと思います。
 
現時点で16年産世代に出資馬は不在ですが、この馬に関しては「出資内定」くらいの気持ちでいますので、16年産=現1歳世代の一口出資も継続して(特に浮気する予定も無いんですけどね)広尾TCにお世話になることになりそう。
 
お仲間になられる予定の方、そうでなくとも出資検討中の方、どうぞよろしくお願いします。