Starry Days

競馬のこと、一口馬主のこと。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール/ストームハート/エレナレジーナ/スパーブアゲイン 17年産(現1歳世代)→パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ'17)/キャッツアイ(スイートマカロン'17)/アレアシオン(レフィナーダ'17)/スノージュエリー(サクラバーベナ'17) 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(9/28) クレッシェンドラヴ、状態の維持は?

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
クレッシェンドラヴ 
 
17.09.28
 
美浦トレセン在厩。日曜日より馬場入りしており、おもに北馬場にて軽めの調整。週末から速めを再開する予定になっています。馬体重498kg(9/21測定)
 
「厩舎周りでの後ろ蹴りをするような跳ねる仕草はいつものこと。前走が疲れの残る競馬ではなかっただけに、後を引くようなことはありませんが、次は休み明け4戦目ですからね。さすがにもう上がり目やお釣りを求めるのはどうかと思います。レースは10月8日(日)東京8R 500万下(芝2400m)、鞍上はMデムーロ騎手の予定です」(佐々木助手)
 
「徐々に回復傾向にあり、トモの感じも変わりなし。そろそろ目に見えない部分での疲れがどうかですが、ひとまず外見上は何ら問題なく、状態落ちが進まないように維持できている状況です。ここ一連のレースぶりからして、自己条件であればの気持ちですが、今度は中2週ですからね。競馬が続く中、スケジュールがタイトになる点がどうかでしょう」(斎藤厩務員)
 
 
来週の日曜東京8R、10月8日(日)東京8R 3歳以上500万下(芝2400m)に出走を予定しているクレッシェンドラヴですが、1週前となる今週も軽めの調整に留めるなど、現時点では乗り込みよりも疲労回復の方を優先している様子。
 
コンスタントに使っていけるタイプとはいえ、夏の福島から次走で4走目、それも今回は押せ押せローテの中2週で、状態とデキの維持が鍵になっているようですね。
 
また、その次走にはミルコ・デムーロJとのコンビで挑む予定になっていることが、近況の中で正式発表(先週のメルマガでこっそりアナウンスされてたり)されました。
 
これで6戦連続の手変わりとなり、相変わらず主戦が定まらない(次回以降もデムーロJが乗ってくれれば良いのですが、流石に…)のが気にはなりますが、自己条件に戻るここは結果を出したい一戦ですし、トップジョッキーに手綱を託せるのは何より。
 
流石にこの後はお休みに入るでしょうから、しっかりと結果を出して「勝って秋休み」のプランを叶えるべく、クレッシェンドラヴには最後のもうひと頑張りを、鞍上には馬の長所を生かした好エスコートを、それぞれお願いしたいところです。