hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬出走結果(8/19) ゼロカラノキセキ、納得の2着

 
昨日の札幌9R、8月19日(土)札幌9R 3歳以上500万下(D1700m、牝馬限定戦)に出走したゼロカラノキセキは2着でした。
 
 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ 
 
17.08.19
 
スタートを決めて、道中は好位5番手の内。勝負所でやや外目に進路を取って前を捕えにかかりましたが、ゴール前惜しくも及ばず、結果2着での入線となっています。
 
「道中は自分のリズムでいい競馬ができていました。勝負所でちょっとゴチャつくところがあり、そこで勝ち馬に先に動かれてしまいましたからね。それでも手応えはありましたし、前は止まるかと思ったのですが、思うようにはいきませんでした。これは相手が49kgと斤量差が大きかった分。この差がなければ、おそらく差し切っていたのではないでしょうか。距離は1600~1700mぐらいまでのように思います」(モレイラ騎手)
 
◆4コーナーの大事なところで一瞬前が詰まり気味になった点が悔やまれますが、レースの距離や勝ち馬との斤量差などを考えれば内容は決して悪くなく、「さすがは名手の騎乗ぶり」(前田助手)。このクラス卒業まで、いよいよあと一歩のところまでやってきました。なお、ふたたび次走への優先権を得ましたが、中1週の後でもありますので、今後についてはあくまでも馬の様子と相談をしながら。調教師と慎重に検討していきたいと思います。(HTC)
 
 
 
発馬を五分に切ると、楽な手応えでスッと前へ。
 
そのまま先行態勢を取り、1コーナーの入り口では外からポジションを主張してきた馬たちを行かせてこちらは内へ。
 
そのままラチ沿いまで潜り込み、ロス無くコーナーを回って向こう正面に入ります。
 
向こう正面の半ばあたりから手が動き始めたものの、追走に苦労するような素振りはなく、勝負所では先行集団に取り付いて前を射程圏内に入れる競馬。
 
3-4コーナーでは位置を押し上げながら失速した先行馬も上手く捌き、絶好の形で直線へ。
 
差し馬の中では脚色が一番良く、あとは前を捕らえるだけという感じだったものの、前を行くタガノアニードとの差が中々詰まりません。
 
鞍上の檄に応えて馬体を並べるところまでは詰めたものの、最後には逆に突き放され、鞍上が追う手を緩めた事もあって差が広がった所がゴール。
 
後続は完封したものの前を捕まえきれず、勝ち馬から2馬身差の2着に終わりました。
 
 
 
・・・という事で、ゼロカラノキセキの500万条件8戦目は、2番人気2着という結果でした。
 
今回もまた勝ち切ることが出来なかったものの、4角先頭の勝ち馬に49㎏という軽量で粘られてはどうしようもありませんし、距離の事もあってか最後にはガス欠気味になっていましたから、あれ以上のレースは厳しかったのかなと。
 
そういった意味では、今回の2着という結果はこのレースでゼロカラノキセキが取りうる最高着順だったんじゃないかな、と思います。
 
陣営コメントにも書かれていますが、ポジショニングに進路取りにとモレイラ騎手はほぼ完璧に乗ってくれたと思いますし、勝つことは出来なかったものの満足のいくレースではありました。
 
相変わらず勝ち運には恵まれないものの、今回の2着賞金(300万円)で獲得総賞金は1640万円と、中央未勝利とは思えない数字に。
 
大崩れが少なく権利確保率も高め、充電期間を設ければコンスタントに使える体質、更には距離やコースへの融通もある程度は効かせてくれるようになりましたから、本当に孝行馬だと思います。
 
近走の成績からも現級での力上位は明らかで、次回こそは何とか現級勝ちを、そして悲願の中央初勝利を叶えたいところです。
 
 
それにしても、今日の中継カメラからの注目度はすごかった。
 
騎乗命令から本場場入場まで、画面はゼロカラノキセキとモレイラJのコンビにかかりきり。
 
 
 
 
 
 
 
直前まで1番人気(最終的には2番人気)に推されていたことも勿論あるのでしょうが、この扱いの良さ(?)はやはり、鞍上のモレイラJに対する注目度の高さ故でしょう。
 
鞍上効果込みでも出資馬が注目されるのは気持ちが良いものですし、レース内容的にも大満足。
 
またご縁があった時には、是非とも出資馬の手綱を取っていただきたいものです。