hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬出走結果(8/6) ゼロカラノキセキ、巻き返しなるも悔しい3着

 
今日の札幌7R・8月6日(日)札幌7R 3歳以上500万下(D1700m、牝馬限定戦)に出走したゼロカラノキセキ3着でした。
 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.08.06
 
互角のスタートから、前半は4~5番手に位置。3角過ぎより徐々に押し上げ、直線に向いて一旦先頭に立ちましたが、ゴール前で外から交わされ、結果3着での入線となっています。
 
「とにかくスムーズな競馬を心掛けていきました。仕掛けが少し早いかなとも思いましたが、前の馬のペースが落ちたため、早めに動いて行った次第です。最後は差されてしまいましたけど、内容は悪くなかったと思います」(ティータン騎手)
 
◆逃げ馬が結構なペースで飛ばして行く中、本馬も積極的なレース運びとなりましたが、最後まで大きく崩れることなく、踏ん張っての3着。「直前の追い切りの良さが、レース内容にも表れる結果」(厩舎陣営)となりました。なお、このあとは、「権利が獲れたことですし、いま調子も良さそうなので、もう一度この条件に使っていきたい」と現地スタッフ。まずはレース後の馬の様子を確認しつつ、調教師と続戦に向けての調整を図っていく予定です。(HTC)
 
 
 
大外枠から好スタートを切ると、楽な感じで前へ。
 
そのまま先行態勢を取りますが、内の馬が引かないと見るやスッと控え、素早く内に入ってロスなくコーナーを回ります。
 
前の馬が飛ばして馬群がバラけ、縦長の展開でレースが進む中、こちらは先団の中ほどを無難に追走。
 
レースは3コーナーで一気に動き、中団にいたショーカノンが外から捲ってくると、ゼロカラノキセキはこれを突っぱねるような形で進出を開始。
 
内にいた1番人気のスノードリームもこの動きに付き合い、3頭併せの形で一気に位置を押し上げます。
 
有力馬が早目に動いたことで前を行く馬は軒並み苦しくなり、早めに動いた3頭が前を飲み込んで4コーナーから直線へ。
 
直線に向くと内中外の3頭併せの中からゼロカラノキセキが抜け出し、共に上がってきた2頭を振り切って先頭に立ちます。
 
今日こそ勝ったか!と思ったのも束の間、ただでさえ長いと思われていた1700m戦で早仕掛けを打っては流石に苦しくなり、外から伸びてきた差し馬2頭には抵抗できずに交わされます。
 
それでも最後までピタリとは止まらず、上位2頭以外の後続の追い上げは封じて3着での入線。
 
敗れはしたものの、前走の大敗からはしっかりと巻き返し、中央500万条件では初めて馬券圏内に突入しました!
 
 
 
…という事で、巻き返しを期して臨んだゼロカラノキセキの通算14戦目は3着でした。
 
距離不安を抱える中で早めに動いて1番人気馬を含む先行他馬をまとめて潰し、そのまま勝ちに行った結果の3着。
 
早々と前を捕まえたことで差し競馬を誘発してしまいましたが、上位馬の中で前受けの形で残ったのはゼロカラノキセキ一頭のみでしたから、久々に「強い負け方」をしてくれたかなと。
 
あとは「負け」の部分が「勝ち」に変わってくれることを祈るばかりなのですが、勝ち切れずとも一周コースの1700m戦でもある程度やれる、という事を証明してくれたことは大きな収穫だったと思います。
 
 
また、上にも書いたように、近5走4人気→1人気→1人気→3人気→5人気と毎回人気を集めていながらも、中央500万で馬券圏内に入ったのは今回が初。
 
念願の中央初勝利に向けてまた一歩前進と言える内容で、コーナーに入る前に上手く内に切ったティータンJの判断と合わせ、今回はまずまず満足のいく結果が得られたような気がします。
 
 
汚名返上の好走で次への期待が高まりますが、この後は「権利が獲れたことですし、いま調子も良さそうなので、もう一度この条件に使っていきたい」という事で、同条件での続戦が有力なよう。
 
牝馬限定のダート1700m戦」に絞ると、残っているのは連闘となる来週のレースと再来週・8月19日(土)札幌9R 3歳以上500万下(D1700m、牝馬限定戦)の2鞍のみ。
 
連闘は流石にしないんじゃないかと思いますが、滞在競馬なら中1週くらいであれば大丈夫・・・なのかな?
 
この辺りは尾関先生の判断次第になるかと思いますが、札幌開催自体が9月1週で終了となるので、どんな条件のレースに向かうにしても月内か来月の頭には次走を迎える事になりそう。
 
悲願の中央初勝利に向け、次回も続けて良い競馬をしてくれれば、と思います。