hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬出走情報(8/6) ゼロカラノキセキ、巻き返し期す一戦

 
既報の通り、明日の札幌7R・8月6日(日)札幌7R 3歳以上500万下(D1700m、牝馬限定戦)に我らがゼロカラノキセキが出走します。
 
前日夜21時現在の単勝オッズは、11.9倍の5番人気。
 
前回の敗戦で人気を落としそうな情勢ですが、新聞各紙の印はまずまず(当社比)ですし、あるいは人気を落とす今回が「買い時」なのかもしれませんね。
 
実際、前走に引き続いての1700mという距離設定には多少の不安が残るものの、この相手関係なら100%の走りが出来ずともチャンスはあるのでは。
 
舞台設定の事もあってあまり強気に出ることは出来ませんが、少なくとも普通に走れば前回のような事はないはずで、ここは巻き返しに期待が掛かる鞍。
 
能力自体は現級最上位クラスのモノがある思っていますから、ここで汚名返上といきたいところです。
 
 
また、枠順は大外・8枠14番と相成りました。
 
中山の1200mや中京の1400m戦を使っていた頃であれば大歓迎の枠だったのですが、1周戦かつ砂スタートのここで大外を引いてくるとは・・・。
 
現級での好走時には最後の最後、前の勝負が決まったころに大外から伸びてくるというのがゼロカラノキセキの競馬スタイルでしたが、今回の距離を考えると終始外々の競馬だと厳しいのではというイメージがあり、なかなか難しい枠を引いてしまったかなと。
 
大外発進でも内に入ってラチ沿いをセコセコと乗るのが理想的な形になるかなと思いますが、その辺りは香港のK.ティータンJの判断次第。
 
乗り方ひとつで距離への対応も十分に可能だと思いますから、ゼロカラノキセキ自身の頑張りと併せ、香港の名手の手綱捌きにも期待したいところです。