hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬出走結果(7/23) ブライトメモリー、伸び切れず6着まで

 
先週の日曜中京2R・7月23日(日)中京2R 3歳未勝利(D1800m、牝馬限定戦)に出走したブライトメモリーは6着でした。
 
 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ブライトメモリー
 
17.07.23
 
一線のスタートから、道中は控えて2番手。直線に向いて逃げ粘る勝ち馬に食い下がったものの、ゴール前の混戦で競り負け、結果6着での入線となっています。
 
「1~2コーナーでハミを噛んで行きたがった分、最後のもうひと踏ん張りが利かなかったのでしょうか。何も行く馬がいませんでしたので、結果的にはハナに行った方が良かったのかもしれません。今日はずっと併走になっていたためか、ソラを使うようなことはありませんでしたので、スムーズに流れに乗って競馬ができれば、次はいいところだと思います。せっかく頂いたチャンスを活かしきれず、申し訳ありませんでした」(佐藤友則騎手)
 
「次走への権利を逃してしまう、痛い6着ですね。一頭になるとフワつく面がある馬ですので、その辺が気になってハナに行くという選択肢が取れなかったのでしょう。ただ、これも結果論ですから…」(小崎調教師)
 
◆ダート戦で安定感が増したのは確かですが、最後はハナ云々だけではなく、中京の直線も少なからず堪えたのではないでしょうか。なお、このあとは「いつも通り、いったん軽く放牧を挟むことになると思う」と調教師。暑さの中での輸送にはなるものの、平坦小回りの小倉で先行力を活かし、スムーズな競馬で何とか勝ち上がりを目指していきたいところです。(HTC)
 
 
好スタートを切って二の脚も付き、追われることなく前へ。
 
内からハナを主張してきたデュナミスを行かせ、こちらは外の2番手に構えて1コーナーを回ります。
 
レースはそのまま淡々と進み、3-4コーナーでペースが上がっても追走には余力があり、直線を向いても手応えは楽。
 
直線に向くと持ったままの手応えで前に並びかけ、後は併走の形で外から上がってきた1番人気馬シュクルダールを抑えるだけ…と思いきや、追ってからが手応えほど伸びきれず。
 
一方のシュクルダールも同じように追ってからの伸びが鈍く、なかなか逃げるデュナミスが捕らえられません。
 
むしろ坂の上りでは逃げるデュナミスに突き放され、更にゴール板前では内外から差し馬が一気に殺到。
 
最後まで併せ馬の形になっていたシュクルダールとの掲示板争いにも遅れ、結果6着での入線となりました。
 
 
・・・ということで、ブライトメモリーの5戦目は、3番人気6着という結果に終わってしまいました。
 
小崎先生の「痛い6着ですね」というコメントの通り、このタイミングでの6着は本当に痛恨。
 
極端な話、この時期の未勝利戦では2着も5着も負けは負けなので大差ありませんが、優先権の出る5着と出ない6着とでは大違い。
 
もうひと踏ん張りで掲示板という所までは頑張っていただけに、本当に痛いアタマ差でした。
 
 
しかしまあ、あの競馬で掲示板を外すとは…
 
道中は好位の外目で理想的なレース運びが出来ていたと思いますし、勝負所での手応えを見ても勝ち負け以上は間違いないという感じがあったものの、直線での伸びが案外でしたよね。
 
好位から楽な手応えで前に並びかけたにもかかわらず、前を行く逃げ馬を取り逃がし、更には差し馬にも捕まっての6着…という結果には、正直なところ不満が残ります。
 
 
前に馬を見る形で競馬をすると「前の馬を捕まえに行かない」という悪癖が出てしまうのか、前回は逃げる最低人気のサンマルガイアを差し切れず、今回も同じく逃げる10番人気のデュナミスを捕まえきれず、最後にはそれぞれ差し馬にも差されて3・6着。
 
とにかくジリっぽいというか、毎回手応えほど伸びないのが気になるところで、未勝利脱出に向けては伸び脚の強化も必要でしょうか。
 
勝ち切るためにはもう一押し、もうワンパンチがあれば勝ち上がれるという所までは来ているという印象なのですが、その最後の一押しが中々効いてくれないのが痛いところです。
 
この後は「短期放牧を挟んで小倉へ」という事で、間隔やレース条件を踏まえたうえで限定戦に候補を絞ってみると、次走は8月20日(日) 小倉2R 3歳未勝利(D1700m、牝馬限定戦)あ、あるいは8月27日(日) 小倉2R 3歳未勝利(D1700m、牝馬限定戦)あたりが有力でしょうか。
 
 
どちらにしても次走は8月の中~下旬になりそうで、次のレースで掲示板を外せばその時点で終戦になる可能性がある、という事は頭に入れておかなければならないでしょう。
 
ややパンチに欠ける印象のあるブライトメモリーですが、それでも一つ勝つだけの力は持っていると思うので、次こそは良い結果を出し、なんとか勝ち上がりを叶えてくれればと思います。