hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬出走情報(7/15) ゼロカラノキセキ、人馬で距離克服を

 
近況の方でもお伝えした通り、明日の福島8R・7月15日(土)福島8R 3歳以上500万下(D1700m、牝馬限定戦)に我らがゼロカラノキセキが出走します。
 
前日夜11時現在の単勝オッズは、4.2倍の2番人気。
 
今回は牝馬限定戦ながら降級馬が多数混ざる強力なメンバー構成になりましたが、その中でも上位の支持を集めているようですね。
 
 
また、枠順は2枠3番と相成りました。
 
過去に好走歴の無い内枠、それも奇数枠を引いてしまったものの、今回は余裕を持って臨める一周コースの1700m戦ですから、そこまで気にする必要は無いでしょう。
 
 
ここは前走比200mの延長で追走自体は楽になると思いますが、良く言えば自在性のあるタイプ、悪く言えば脚質の定まらないタイプで、枠なりに出たとしても道中の位置取りは読み辛いところがありますよね。
 
今回は距離延長への意識から普段よりも一列二列後ろで競馬するんじゃないかな?と思ってはいますが、その辺りの判断は鞍上にお任せで。
 
今回手綱を取る戸崎Jとゼロカラノキセキは今年に入って4走連続&通算では実に9回目の騎乗と、文句無しで出資馬最多の組み合わせとなる以心伝心のタッグですから、今気心の知れた鞍上の好エスコートにも期待したいところです。
 
 
また、ここ最近の暑さにも負けず体調は良さそうですし、年明けから一息だったという状態面についても「ようやく上がってきた」とのことで、出来は前走時よりも更に良くなってきている印象。
 
もともと大崩れの少ないタイプですし、デキの良さを活かせればこの条件でも「掲示板の上の方」以上の結果が期待できるのではないでしょうか。
 
重ねて言うように、好走については1700mの距離をこなせるかがカギにはなるものの、この条件をこなしてくれれば今後のレース選択の幅がさらに広がるのは確かですし、上手く結果を出してくれれば今後の楽しみがさらに広がりますからね。
 
距離延長のここでも堅実派のゼロカラノキセキらしいレース、今後の可能性が広がるようなレースをしてくれれば、と思います。