hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(6/29) ディメンシオン、必勝の構えで中京へ

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
17.06.29
 
栗東トレセン在厩。来週の出走にむけて、入念に乗り込まれています。
 
「昨日はCWで普通キャンター、今朝はジョッキーを乗せて坂路でビシッと。7月8日(土)中京3R 3歳未勝利・牝(芝1600m)に福永祐一騎手で出走を予定しています」(田代助手)
 
「今朝の動きも問題ないものでしたし、ここまで順調にきています。一度使ったためでしょうか、馬に気が入っており、どんどん良くなっていますよ。飼葉もしっかりと食べてくれて、それが身になるようになり、入厩時より10kgほど増えていますからね。ゆくゆくは上のクラスで戦える素質のある馬だと思っていますので、次走はきっちり決めて欲しいところです」(藤森厩務員)
 
 
 
 
3月からここまで復帰戦のスライドが続いてしまっているディメンシオンですが、その分乗り込みが念入りに重ねられ、次走への態勢は万全のよう。
 
乗り込んでの状態面はもちろんのこと、前走時からの上積みには太鼓判が付けられるレベルのようで、コメントの中ではほとんど手放しで褒められていますね。
 
勝利デビューながら断然人気のスイーズドリームズに迫り、テーオービクトリー・バルベーラという後の2勝馬2頭を含めた既勝馬3頭を寄せ付けなかった前走時から「更に良くなっている」となれば、次はもう勝ち方を問われるレースになるのではないかなと。
 
先週の近況では今週末のレースに使う可能性も示唆されていましたが、次走はやはり「福永Jを確保」していた7月8日(土)中京3R 3歳未勝利(芝1600m、牝馬限定戦)になるようですね。
 
出資者や関係者の期待の通りに「上のクラスで戦っていく」ためにも、ここは落とせない一戦。
 
更なるパワーアップを果たしたディメンシオンがどんな走りを見せるのか、来週の未勝利戦は大注目のレースになりそうです。