hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(6/29) ゼロカラノキセキ&エンジェルリード、美浦南ウッドで共演

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.06.29
 
美浦トレセン在厩。徐々にピッチを上げて乗り込まれています。
 
「昨日は角馬場から坂路で普通キャンター、今朝はウッドで長めから追い切りました。帰厩後まもないこともあり、幾らか緩い感じではありますが、トモが悪いわけでもなく、馬に元気があってコンディションはまずまず。今朝の追い切り後の様子も含めて感触を掴みながら、さらに調整を進めていければと思います。目標は7月15日(土)福島8R 500万下・牝(ダ1700m)です」(尾関調教師)
 
 
 
 
 
エンジェルリード
 
17.06.29
 
美浦トレセン在厩。今朝ウッドにて長めから追い切られました。
 
「先週末に長めの普通キャンターから終いを伸ばし、今朝はある程度しっかりと。今日やったことによって、どのような方向性を見せてくれるかですよね。多少ピリピリしているものの、限度を超える感じではないですし、このまま進めて行けるかもしれません。特にムキになるような様子もありませんので、使い出しは芝1800mあたりをイメージしています」(尾関調教師)
 
「ピリピリするのは、気が悪いというよりも繊細なタイプゆえのことでしょう。乗り味は良く、走ることに対して前向きな馬。自分から結構グイグイ行く感じです」(藤原助手)
 
 
 
 
尾関厩舎の新旧ヒロイン(?)、エンジェルリードゼロカラノキセキは今週も順調に乗り込まれている様子。
 
 
福島開催のダート中距離戦へ向かうとの方針が示されていたゼロカラノキセキは「7月15日(土)福島8R 500万下・牝(ダ1700m)」が目標とのことで、予定通りの条件のレースを狙っていく構えのようですね。
 
 
一方、デビュー目標が明らかにされていないエンジェルリードも「使い出しは芝1800mあたりをイメージ」しているとのことで、クレッシェンドラヴの次走(7/22福島)と同日同場になる牝馬限定戦・7月22日(土)福島5R メイクデビュー2歳(芝1800m、牝馬限定戦)あたりが有力(だと良いなあ…)かなあと。
 
 
 
そしてこの2頭、今朝美浦の南ウッドで併せ馬を行い、ゼロカラノキセキ側はこんな
 
 
日付 騎乗 場所 内容
17.06.29 助 手 美南W
稍 6F
 -86.5-70.1-54.5-39.7-13.0(8) 馬ナリ余力
エンジェルリード(新馬)一杯の外を0.7秒先行同入
 
 
感じ、そしてエンジェルリード側は
 
 
日付 騎乗 場所 内容
17.06.29 蓑 島 美南W
稍 6F
 -85.8-69.5-54.1-39.3-13.0(7) 一杯に追う
ゼロカラノキセキ(古500万)馬ナリの内を0.7秒追走同入
 
 
こんな感じで時計を出し、尾関厩舎所属の新旧出資馬の共演となりました。
 
 
内容的には「簑島J騎乗のエンジェルリード(一杯)が0秒7前を行くゼロカラノキセキ(馬なり)を追いかけて併入」というもので、お互いにまずまずの手応えを掴んだ様子。
 
方や能力未知数なデビュー前の2歳馬、方や500万卒業が目前に見えているベテランの4歳馬と立場は違いますが、これからも胸を貸し合い借り合って切磋琢磨しながら上を目指していってくれれば、と思います。