hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(6/22) エンジェルリード、デビューを目指して

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
エンジェルリード
 
17.06.22
 
美浦トレセン在厩。今朝は坂路を2本、2本目に55秒台を計時しています。
 
「先週末に坂路で終いだけ15-15を乗り、それをステップに今朝少し速めを。基本的にはこのままデビューを目指していく方向でコツコツ乗り進めているところです。入厩当初に比べて、馬がピリピリし始めていますので、その辺をよく注意しながら、追い切っていきたいと思います」(尾関調教師)
 
「ここまでは順調。ちょっとピリピリしてきましたので、そこは注意していきたいですね。背中の感じは悪くないですし、個人的には好きなタイプです」(西塚助手)
 
 
 
 
先週金曜・16日付けでゲート試験に合格したエンジェルリードですが、「このままデビューを目指していく方向でコツコツ乗り進めている」とのことで、在厩のままデビューに向けて乗り進めていく方針のよう。
 
更なるペースアップの反動は出ないか、気性面の落ち着きは大丈夫なのか…と若駒だけに心配事は多々ありますが、その辺りは安心と信頼の尾関厩舎クオリティ。
 
外野からあれこれ心配していても始まりませんし、敏腕の尾関先生が「このまま行ける」というジャッジを下したのであれば大丈夫なのでしょう。
 
乗り込んでの感触もまずまず良好なようですから、アクシデントさえ無ければ早期デビュー、そして今年のテーマの一つ「2歳戦勝利」も十分狙えそうな雰囲気になってきた印象。
 
周囲の2歳馬の近況を見る限り、順調であれば広尾TCの世代1番槍は我らがエンジェルリードになる公算が大のようですから、このまま無事のメイクデビューを、そしてクラブにとっても久々となる2歳戦での勝利を期待したいところです。