hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬近況いろいろ(5/31) 初夏の帰厩ラッシュ、東西トレセンに全員集合!

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
 
クレッシェンドラヴ
 
17.05.31
 
シンボリ牧場内大瀧ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場にてダク1000m、ダート周回コースにてハッキングキャンター1800m、ハロン17~18秒ペースのキャンター1000~1400mを乗り込まれています。
 
「先週の流れで、2周目から終いにかけて少しずつペースを上げながら。トモに甘さを残しているとはいえ、ひとまず普通キャンターレベルでは問題ないですし、過度に気にするほどではありません。厩舎陣営によれば、『今週の金曜日にはトレセンへ』とのこと。気性的にも特に難しいところは感じませんので、このまま進めていけるのではないでしょうか」(大瀧代表)
 
 
 
ブライトメモリー
 
17.05.31
 
UPHILL在厩。明日の栗東トレセン帰厩が予定されています。
 
「厩舎の意向もあり、今朝15-14程度を登坂した上で、明日トレセンへ。良く言えば、もうすぐにでも競馬に使えそうな体つきですが、欲を言えば、もう少し体に丸みやゆとりが欲しい感じでしょうか。特に疲れや痛みはなく、この一週間、馬体やコンディションをしっかりとキープして送り出す流れになります」(木村マネージャー)
 
 
 
東西トレセンの近郊で調整されていたクレッシェンドラヴブライトメモリーの近況が、本日それぞれ更新されました。
 
美浦近郊の大瀧ステーブルで調整中のクレッシェンドラヴは「今週の金曜日にはトレセン」、栗東近郊のUPHILLにいるブライトメモリーも「今朝15-14程度を登坂した上で、明日トレセン」と、両馬の陣営がそれぞれ今週中の帰厩を明言。
 
 
いま現在、東西トレセンには浦和でのレースを明日に控えたゼロカラノキセキ、障害練習中のベイビーティンク、そして先週末に栗東入りしたディメンシオンがそれぞれ入厩していますから、ここに上記の2頭が加わって5頭、つまり育成馬を除いた出資馬が全馬トレセンに入っているor入ることになります。
 
美浦には稼ぎ頭として頑張ってくれているゼロカラノキセキと秋の飛躍を目指すクレッシェンドラヴ、障害デビュー&初勝利を目指すベイビーティンクがそれぞれ入厩&入厩予定。
 
栗東にも未勝利脱出を目指すブライトメモリーと、未勝利馬ながら飛躍の期待が高まるディメンシオンがスタンバイ。
 
2歳世代の動き出しがいつも通り遅いのが気にはなるものの、3歳勢&古馬陣は過去最高のラインナップ(ハードルが低い…)になっており、各馬ともに勝利への期待は十分。
 
今年の年間目標の一つ「出資馬で通算5勝」に向けてのターニングポイントにもなりそうで、今年の夏は例年以上に熱くなりそうです(ミュージック・アワー風)。