読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(5/11) ベイビーティンク、呼吸を合わせつつ

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ベイビーティンク 
 
17.05.11
 
美浦トレセン在厩。昨日は雨で馬場状態が悪かったため障害練習を行わず、北馬場にて普通キャンターの調整となりました。
 
「先週末の練習時に向正面の障害もソツなく飛んでくれましたので、そろそろ受験を意識して。ナーバスな馬でストレスが溜まりやすいタイプですので、スケジュールはゆったり目で組んであげた方が良いでしょう。馬場に入ってやる気を出してくれるのはイイのですが、いきなりトップギアに入ってしまう感じ。こういう面はレースに行くと余計に出がちになるものですから、なかなか難しいとは言え、その辺もうまく諭しながら進めていかなければなりません。新潟には間に合いそうにもありませんので、東京開催を目標にしていきたいと思います」(伊藤正調教師)
 
 
障害デビューに向けて美浦で調整中のベイビーティンクは依然として障害練習中。
 
障害試験の受験は視野に入ってきたようですが、「ナーバスな馬でストレスが溜まりやすい」こともあり、時間を掛けながら進めていく方針のよう。
 
それに伴ってデビュー目標も新潟開催(~5/21)から東京開催(~6/25)にスライドと、もう一つ良い流れに乗れていない感じを受けますね。
 
もう一つ気になるのが「馬場に入ってやる気を出してくれるのはイイのですが~」という部分で、実戦でこういう面が出るとなると「スタート直後からガツンと掛かってしまう」ということでしょうか。
 
3000m級の距離を走り続ける障害レースで結果を出すには鞍上との折り合いが必須ですし、そうでなくとも障害レースは人馬一体感というか、鞍上との呼吸が平地以上に重要になってきますからね。
 
色々と難しい馬の多い馬だとは思いますが、伊藤先生と草野Jの手腕で何とか良い方向へ導いてくれれば…と思うのみです。