読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(4/27) ベイビーティンク、来月中にも障害デビュー?

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ベイビーティンク 
 
17.04.27
 
美浦トレセン在厩。週2回(火・木または金)の障害飛越練習を開始しています。
 
「火曜日に大きめの障害を飛ばしましたので、昨日は厩舎周りの運動まで。あまり根詰めてやっていくと精神的に嫌になってしまう性格ですし、脚元にもそれなりに負担がかかりますからね。やったらやった分だけストレスを溜めるタイプですから、溜まったストレスは一旦ゼロに戻してあげたうえで、またその次のステップへ。うまく押し引きしながら進めていく必要があるでしょう。飛節自体は上手ですので、馬とよく相談しつつ、来週にも試験を受けてみるかもしれません。目標は新潟開催中(~5/21)での障害デビューです」(伊藤正調教師)
 
「連続障害を問題なくこなしてくれていますので、この感じであれば、とりあえず試験は大丈夫かなと。特に悪癖があるわけではないですし、今はテンションが高すぎることもなく落ち着いていますので、この馬なりにメンタルコントロールができているのではないでしょうか。気分が乗ったり、乗らなかったりと難しいところがありますが、障害戦に変わることでそれをカバーでき、中には走る方向にうまく持っていけるケースもありますからね。エサ以外にもアミノ酸やビタミンのサプリメントを与え、食欲増進をフォロー。練習開始後も体つきをキープしています」(伊藤助手)
 
 
 
 
障害デビューに向けて転厩先の美浦伊藤正徳厩舎で調整&障害練習中のベイビーティンクですが、だいぶ美浦の環境にも慣れてきたようで、今週からは障害の飛越も行っている様子。
 
相変わらず気ムラな面があるようで、メンタル面に気を使いながらの調整になっているようではありますが、半年間の練習の成果か「飛節自体は上手」(「飛越自体は」、で良いのかな?)との事ですし、(早ければ)来週の障害試験は一発で決めてもらいたいところ。
 
また、今回は障害試験合格までで一段落かなーと思っていましたが、その後の「新潟開催中(~5/21)での障害デビュー」までが目標になっているということで、このままデビューまで進めていく方針のようですね。
 
新潟開催の後半に組まれている障害未勝利戦は、5月13日(土)新潟1R 障害未勝利(芝2890m)5月14日(日)新潟4R 障害未勝利(芝2890m)5月20日(土)新潟4R 障害未勝利(芝2890m)5月21日(日)新潟4R 障害未勝利(芝2890m)の4鞍。
 
この中からどこを狙っていくのか、狙ったレースに上手く使えるのか、その前の障害試験でどれくらいの時計を出せるのか、そもそも試験の一発クリアーは叶うのか…
 
まだまだ分からないことだらけですが、昨夏以降は順調さを欠いていたベイビーティンクにとって、ここまでは今までになく良い流れで来ているのは確かのはず。
 
何かと気苦労の掛かる馬だとは思いますが、この調子で良い流れを保ったまま悲願の障害デビューへと導いてくれれば、と思います。