hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(4/26) ディメンシオン、回復上々!

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
17.04.26
 
吉澤ステーブルWEST在厩。引き続き、ウォーキングマシン60分の調整です。馬体重456kg(4/25測定)
 
「飛節の腫れは、こちらが思っていた以上の早さで回復が進み、この一週間でずいぶんとスッキリしましたね。徐々に馬体も回復してきており、馬自身に元気が出てきた様子。この感じであれば、近いうちに乗り出していけるのではないでしょうか。おそらくはコース入りも時間の問題。改めて立ち上げていきたいと思います」(武井担当)
 
 
挫跖に飛節の腫れにと度重なるアクシデントに見舞われているディメンシオンですが、外厩に出されてからは「思っていた以上の早さで回復が進み、この一週間でずいぶんとスッキリしました」ということで、患部の状態は徐々に快方へと向かっている様子。
 
地味に未勝利のタイムリミットが近づいてきたこの時期だけに、状態の立て直しに掛かる時間が長引かずに済みそうなのは何よりです。
 
 
まだ1戦のキャリアしかないディメンシオンですが、未勝利デビューながらスイーズドリームスに迫っての2着だった初戦の内容から、とにかく期待の大きい馬。
 
その前走で負かした3・4・5・6・7着馬が全て(!)次走で馬券に絡んでいるという横の比較からしても、ディメンシオンの能力が未勝利クラスのそれで無いのは明らかですし、「1つ勝てるかどうか」よりも「1つ勝って、そこからどうするか」を語りたくなる馬ですからね。
 
騎乗の再開とペースアップ、機を見ての栗東への帰厩、そして少しでも早期の勝ち上がりに向け、今後も何事もなく無事に進んでくれれば、と願うばかりです。