hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(4/26) ブライトメモリー、週末にも帰厩へ!

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ブライトメモリー
 
17.04.26
 
UPHILL在厩。おもに坂路にてハロン16~17秒ペースのキャンター1本を消化。週2回の速めを乗り込まれています。
 
「厩舎陣営によれば、『入厩検疫の順番が回ってくるようであれば、今週末にもトレセンへ』とのこと。すでに終い12秒台を入れており、速めを乗った後も馬体が減ることはなく、飼葉もちゃんと食べてくれていますので、週を追うごとにコンディションが整ってきているのは間違いのないところでしょう。本当に良くなってくるのはもう少し先かもしれませんが、帰厩のタイミングとしては、ちょうど良い頃合いのように思います」(木村マネージャー)
 
 
帰厩に向けて栗東近郊のUPHILLでの調整が続けられていたブライトメモリーですが、順調に調整が続けられている事から、今週末にも栗東に戻るというアナウンスが出されました。
 
課題だったサイズ感についても「速めを乗った後も馬体が減ることはなく、飼葉もちゃんと食べてくれています」という事で、ある程度の進歩が見られるよう。
 
調教ペース的にも特に問題は無さそうですし、総じて入厩の態勢は整ったという事なのでしょう。
 
 
思ったよりも時間がかかった印象はありますが、一時は「4月中に栗東に帰れないのでは…」という心配もしていただけに、(ギリギリとはいえ)月内の帰厩が叶いそうなのは何よりです。
 
復帰戦の話をするのはこれからですが、このまま何事もなく調整が続けられれば5月の3~4週、京都か新潟で使うイメージなんじゃないかなあと。
 
直線の坂に苦手意識のあるブライトメモリーにとって、6月からの東京/阪神開催に使うのはあまり良いイメージが持てませんから、は京都/新潟で開催が行われている5月の間に使っておきたいところですよね。
 
その辺りのことも含め、全てはここからの進捗次第になりますが、ブライトメモリーが「前走:4番人気9着」という数字以上の力を持っていることは明らかですし、人気落ちの次走では一発やってくれるのでは…と思います。