hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(4/13) ベイビーティンク、メンタル面も気遣って

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ベイビーティンク
 
 
17.04.13
 
美浦トレセン在厩。環境の変化に慣れさせるべく、慎重に進められています。
 
「本馬の精神面を考えますと、いきなり乗り進めていくのは良くありませんので、まずはこちらの環境によく慣らしてあげてから。ちゃんと段階さえ踏んであげれば、その後は比較的いいペースで行けるものと思われます」(伊藤助手)
 
 
 
 
 
昨日付けで美浦トレセンに入厩したベイビーティンクですが、新天地となる美浦伊藤正徳厩舎での様子がさっそく伝わってきました。
 
特に何か悪いことがあった訳では無いようですし、入厩前からの心配事だったメンタル面への配慮も欠かさずに続けてくださっているようで何よりです。
 
 
また、私事ではありますが、3歳の主力・ディメンシオンのよもやの離脱によって昨日入厩したベイビーティンクが出資全馬中唯一の在厩馬となり、元々高かった関心度が更にアップ。
 
相変わらず妙な所で持っている馬だなあと改めて感心させられてしまいましたが、他の出資馬の動向はベイビーティンク自身には関係のない話ですからね。
 
今後も馬本位のリズムとペースを守り、ジャンパーとしてのデビューを目指して頑張ってくれれば、と思います。