hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 14年産(現4歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現3歳世代)→フッフール/パワーバンド/エンジェルリード 16年産(現2歳世代)→グランソヴァール(スイートマカロン'16)/ストームハート(Miss Fear Factor'16)/エレナレジーナ(フェニーチェ'16)/スパーブアゲイン(ウェルシュステラ'16) 17年産(現1歳世代)→ハイアーラヴ'17/スイートマカロン'17 18年産(当歳世代)→ゴッドフロアー'18

出資馬近況(4/5) ゼロカラノキセキ、調子を整えて

(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
 
17.04.05
 
リバティホースナヴィゲイト在厩。引き続きトレッドミル中心の調整となっており、ハロン20~22秒ペースで2000m相当を消化しています。
 
「一応ショックウェーブ治療も行いましたが、肉体疲労というよりは、肝心のコンディションがひと息の様子。良い時と比べて張りツヤに欠け、どこか代謝が良くなさそうな印象を受けますね。したがって現在は馬のリズムや動きを損なわない流れの中で進めており、まず今週一杯は体調面を整えていく予定。来週から軽く跨ってみて、その後のメニューを考えていきましょう」(佐久間代表)
 
 
「叩いての良化がもう一つ」という事で美浦近郊へ放牧に出されたゼロカラノキセキですが、普段からお世話になっている佐久間代表の見立てでも「コンディションがひと息」に見えるとのことで、まずは体調面の立て直しから始めていく様子。
 
2歳時の頓挫歴もあって暑さに弱い印象は持っていましたが、まだ肌寒いこの時期に調子を崩す…とまでは行かなくとも、調子が上がって来ないというのは気掛かり。5月病か花粉症かなあ。
 
現級突破が見えているだけに「降級までにもう一勝…」という思いはありますが、その辺りは馬の調子との相談次第。
 
しっかりと立て直して万全の状態で戻ってきてくれれば、結果は自ずとついてくるのではないでしょうか。