読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(4/5) ベイビーティンク、いよいよ入障にメド?

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ベイビーティンク
 
17.04.05
 
北総乗馬クラブ在厩。先週同様、おもに周回コースにてハロン17~22秒ペースのキャンター6000m、週1回の障害練習を消化しています。
 
「今週もまた見てきました。だいぶ体つきが良くなっており、飛越もスムース。精神的にも必要以上に追い込まれている感じではありませんので、来週の月曜日にもう一度、草野騎手に跨ってもらい、特に問題がないようであれば、トレセンに持ってこようかと思っています。急に進めていこうとすると馬も身構えるでしょうし、気難しさを出すかもしれませんからね。この馬のことをちゃんと理解している人に乗ってもらうためにも、ここはしっかりと段階を踏みながら。トレセンの環境下ではあまりこねくり回すことなく、障害試験まで持っていきたいところです」(伊藤正調教師)
 
 
 
入障を目指して美浦近郊で障害練習中のベイビーティンクですが、「来週の月曜日にもう一度、草野騎手に跨ってもらい、特に問題がないようであれば、トレセンに持ってこようかと思っています」ということで、ついに帰厩(元関西馬で、美浦に入るのは初めてですが…)への具体的な予定が出てきました。
 
伊藤先生の見立てで「だいぶ体つきが良くなっており、飛越もスムース」だったというのは何よりですし、メンタル面への気遣いをしてくださっているのもありがたい限り。
 
また、「馬の事を理解している人に乗ってもらう」というお話も出ていますが、競走馬の障害入りは最初に誰か一人のパートナーを見つけ、人馬一体で障害練習~障害試験~実戦というステップを踏んでいく・・・というのが一般的な流れ(のはず)ですから、ベイビーティンク草太郎こと草野太郎Jとのコンビでこの流れに挑むことになるのかなあと。
 
今は北総乗馬クラブのストレスフリーな環境にいるだけに、これがトレセン入りした後も調整は順調に行くのか、試験は一発で合格できるのか、そしてデビュー戦のメドは立つのか、etcetc…出資馬初の入障とあって何から何まで初物尽くしですが、今後の展開を楽しみに待ちたいと思います。