読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 引退馬→ゼロレボルシオン/アカラ/ルックオブラヴ 13年産(現3歳世代)→ベイビーティンク/ゼロカラノキセキ 14年産(現2歳世代)→ディメンシオン(ミスペンバリー'14)/クレッシェンドラヴ(ハイアーラヴ'14)/ブライトメモリー(マジェスティックブライト'14) 15年産(現1歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15/パワーバンド(スイートマカロン'15)

出資馬近況(3/23) ディメンシオン、まずは軽めから

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ディメンシオン
 
 
17.03.23
 
栗東トレセン在厩。ここまでは普通キャンターによる調整となっています。
 
「昨日は坂路、今朝はウッドで。速いところは週末からで良いでしょう。競馬を使った後もイライラする様子はなく、今のところ反動らしい反動は見受けられません。次走は4月1日(土)阪神3R 3歳未勝利・牝(芝1800m)を中心視しており、ここに向かう場合の鞍上は、川田将雅騎手を予定しています」(田代助手)
 
 
次走に向けて栗東で調整中のディメンシオンは、(初戦の段階である程度仕上げていた事もあってか)まだ軽めの調整に留めているようですが、未勝利デビューだった初戦のダメージは殆ど無かったようで、このまま問題なく続戦出来そうなムードですね。
 
また、その続戦先は4/1(土) 阪神3R・3歳未勝利(芝1800m、牝馬限定戦)が有力であり、その場合の鞍上は川田将雅Jになる、とのこと。
 
同じレースに出てくると噂されているリアルスティールの全妹(カデナダムール)あたりに先約があったのか、あるいは裏の中山でダービー卿に乗るのかは分かりませんが、稽古にレースにと教育を施しつつ乗ってくれていた福永Jの手を離れることになるのは少し残念。
 
とはいえ、代役の川田将雅Jも正真正銘のトップジョッキーの一人ですから、問題なく手綱を任せられる人選だと思います。
 
 
2週前の現段階では相手関係は未知数ですが、目標としている4月1日の未勝利戦には上記のカデナダムールに加えて社台RHのディープ産駒エレクトロニカも回ってくるという話があり、牝馬限定戦ながら骨っぽいメンバーになる可能性が出てきました。
 
その他の馬の動向次第では、牡馬相手だった前走以上にハイレベルな一戦になるかもしれませんが、大手クラブの素質馬たちが相手でも素質の高さでは一歩も譲らないはず。
 
きちんと結果を出すのはもちろんのこと、内容的にも今後の楽しみが広がるようなレースになってくれれば・・・と思います。