hakuと愉快な仲間たち(本館)

一口馬主の事を徒然と。

【現在の出資馬】 13年産(現4歳世代)→ゼロカラノキセキ 14年産(現3歳世代)→ディメンシオン/クレッシェンドラヴ/ブライトメモリー 15年産(現2歳世代)→フッフール(ベイビーローズ'15)/キングオブハーツ(ハイアーラヴ'15)/パワーバンド(スイートマカロン'15)/エンジェルリード(ステラリード'15) 16年産(現1歳世代)→スイートマカロン'16/Miss Fear Factor'16/フェニーチェ'16

出資馬近況(3/23) ゼロカラノキセキ、態勢を整えて

 
(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.03.23
 
美浦トレセン在厩。今朝はウッドにて普通キャンターを消化しています。
 
「春にむけてレースを使えば良くなってくるかと思っていましたが、どうも体調面や毛づやがイマイチ。トモなどに疲れが溜まっているのか、叩き良化の手応えがあまり感じられないというのが正直なところです。したがって、福島の開幕週(4/8、9)はひとまず回避かと。獣医師にも診てもらいつつ、馬の様子と相談しながら進めていき、その中で次走を検討していければと思います。外傷については、何ら問題ありません」(尾関調教師)
 
 
先週の近況では福島へ転戦する可能性が示唆されていたゼロカラノキセキですが、「叩き良化の手応えがあまり感じられない」という事で、次走予定は白紙撤回となりました。
 
仮に前走からの上積みが無かったとしても、次回も同じだけ走ってくれれば今度は掲示板は堅いのでは、と思います・・・が、今のゼロカラノキセキは降級前の4歳馬という事もあり、求められている結果は「1着」のみですからね。
 
また、以前から「フレッシュな状態の方が走る」と言われてきたゼロカラノキセキですから、「ここで無駄に数を使って消耗するよりも、目標を絞って一戦一戦に全力投球していく方が得策」という考えもあるんじゃないかな、と思ったり。
 
ここは急がば回れ、多少時間はかかったとしてもしっかりと態勢を整えて、万全の状態で次走に当たってくれれば、と思います。